EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

VMwareを使ったRAC環境構築のTips

edited by DB Online   2012/11/01 00:00

以前は、大規模かつ高い可用性が求められる重要システムでのみ使用するイメージのあったOracle Real Application Clusters(以下、RAC)ですが、ClusterwareやASMが導入されたOracle Database 10g RACの登場以降、様々なシステムで広く使用されるようになってきています。事実、弊社でお受けする設計・構築案件やデータ移行案件のほぼ100%がRACになっていますし、昨今オラクル社がリリースしたExadataやOracle Database ApplianceといったEngineered Systemsにも、基本的にはRACが選択されます。RACが採用されるシステムは、増えることあれども、減ることはないと考えられます。しかしながら、RACを使用したことがないエンジニアの方も多数いらっしゃると思います。そのようなエンジニアにRACを実際に使っていただくための手助けとして、「目指せリア充!コーソル流 RAC 活のススメ ~シングル卒業~」と題し、お手持ちのWindows 7環境でも簡単に11g Release2 RACを使用でき、11g Release2 RACの特徴や注意点を掴める記事をお送りしたいと思います。第一回目は、VMwareを使ったRAC構築手順の概要とTipsです。RACを構築するためには、OSの設定が肝となります。OSの設定を中心に構築時に注意すべき点をピックアップしてご紹介します。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 青野 友香(アオノ ユカ)

    株式会社 コーソル Oracleサービスグループ 学生時代は人間文化専攻で、地域文化とメディアについて学んでいたが、 未知の領域への好奇心からIT業界を志望。その中でも、Oracle Databaseという 「最もよく分からない技術」に挑戦したいと思い、2009年4月に新卒でコーソルへ入社。 入社以降、一貫してRACを含むOracle Database製品の設計、構築・導入、チューニング、運用支援などの幅広いサービスを提供するサービスグループにて活躍している。 2011年9月にORACLE MASTER Gold Oracle Database 11g、2012年3月に Oracle Database 10g: Real Application Clusters Administrator Certified Expertを取得。 コミュニケーション能力の高さとフットワークの軽さから、 一度ご支援させていただいたお客様より、「次も青野さんで!」とのご指名を いただくことも少なくない。常にお客様のことを第一に考え、一つでも多くの ご要望にお応えすべく、工数の工面に苦悩する日々を過ごしている。 また、会社の中核メンバーとして、新人教育や社内イベントの企画などでも、幅広く活躍中。 趣味は旅行。「好奇心」を存分に活かし、世界各地で美味しい食事と美味しいお酒を堪能するのが一番の息抜き。

バックナンバー

連載:目指せリア充!コーソル流 RAC 活のススメ ~シングル卒業~
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5