EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

001 RDBMSの歴史の中にみるIBM DB2 10.5

edited by DB Online   2013/08/28 00:00

みなさんこんにちは。日本IBMでDB2をはじめとしたInformation Management製品群のマーケティングを担当しています、中野です。私は過去20年以上にわたって、IT業界でRDBMSをはじめとしたさまざまなサーバー製品のSEやマーケティングを担当してきましたが、ここ数年は非常に新しい技術トレンドが生まれRDBMSも大きな進化を遂げていると実感しています。今回は、2013年6月に出荷を開始した最新のIBM DB2 10.5について、その登場にいたる背景をRDBMSを振り返りながら紹介したいと思います。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 中野 雅由(ナカノ マサヨシ)

    外資系ベンダーにて主にデータベース製品を中心としたサーバー製品のエンジニア、営業、マーケティングに従事。OLTP、OLAP、データウェアハウス関連のテクノロジおよびデータアクセス テクノロジに精通し、各ベンダの製品戦略にも深く関わってきた経歴を持つ。現在日本アイ・ビー・エムのデータベースおよびデータマネジメント関連製品のマーケティングを担当。

バックナンバー

連載:徹底解説!IBM DB2 10.5
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5