SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

60秒でできる!Microsoft Word Tips集

【Word Tips】目次を作成するには?

ドキュメントの仕上げTips (3)


仕様書などのドキュメント文書に目次を挿入する方法を紹介します。

概要

 ビジネス文書を作成したあと、仕上げに目次を挿入したい場合があると思います。目次作成機能は、Word特有のものです。

 目次は、見出しとしてマークアップされている部分を抽出して作成します。「見出し」「本文」などのマークアップを適切に行なっていない文書では目次を作成することができません。つまり、本来「見出し」であるべき文字列を、Wordでの「標準」の段落のまま、単に視覚的に大きくしたものではダメだということです。あらかじめ、アウトラインに沿った見出しレベルに応じて、適切にスタイルを定義づけておく必要があるので注意してください。

 本稿では、サンプルファイルを使って、最初のページに目次を作成する方法を紹介します。

操作手順

  1. サンプルファイル「sample.doc」を開きます。
  2. 目次を挿入したい場所にカーソルを移動して、[挿入]-[参照]-[索引と目次]を選択します。
    [挿入]-[参照]-[索引と目次]を選択
  3. [索引と目次]ダイアログボックスの[目次]タブを開きます。
  4. 印刷イメージを確認しながら[タブリーダー]や[書式]のスタイルなどを指定し、[OK]ボタンをクリックします。
    索引と目次
  5. 目次が挿入されました。
    目次が挿入された結果画面

備考

 挿入された目次を更新する場合は、目次フィールド内を右クリックして[フィールド更新]をクリックし、更新対象を選択します。

右クリックして[フィールド更新]を選択
右クリックして[フィールド更新]を選択
↓
[目次の更新]ダイアログボックスで更新対象を選択
目次の更新

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
60秒でできる!Microsoft Word Tips集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/777 2008/11/05 09:27

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング