SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

シリコンバレーはもはや「地名」ではなく、「マインドセット」――Pivotal Labs東京開設


 Pivotalジャパンは2016年事業戦略および、昨年開設したPivotal Labs東京について記者向け説明会を開催した。同社カントリー・マネージャ正井拓己氏は「2016年は日本のデジタル・トランスフォーメーション元年になる」と話した。

世界各国でアジャイル開発を推進する「Pivotal Labs」とは?

 EMCがアジャイルのソフトウェア開発サービスやツールを提供するPivotal Labsの買収を発表したのが2012年。後にPivotalが設立し、2013年夏にはPivotalジャパンが設立した。Pivotalの誕生から約3年。Pivotalジャパンは2015年の報告と2016年の事業戦略、および昨年開設したPivotal Labs東京を記者に披露した。  

 整理しておくと、PivotalはPivotal Labsほか、GREENPLUM(並列処理データベース)、Spring(フレームワーク)など当時「第三のプラットフォーム」と呼ばれる次世代基盤にフォーカスをあてる企業として設立された。買収されたPivotal LabsはいまPivotalの一事業部という扱いになる。  

 いまPivotalでは統合データ分析基盤「Pivotal Big Data Suite」、アジャイル開発に強い「Pivotal Labs」、企業向けクラウドネイティブプラットフォーム「Pivotal Cloud Foundry」を中心に提供している。  

Pivotal Labs東京 ディレクター ダニー・バークス氏

Pivotal Labs東京 ディレクター ダニー・バークス氏

 2015年、PivotalではPivotal Labs創始者のRob Meeが新CEOに就任。アジャイル開発を推進すべくPivotal Labs拠点の世界展開を推進している。2015年末時点でPivotal Labsは世界で16カ所(現在は17カ所)に増え、 2016年内には20カ所ほどに増える見込み。ほかにもPivotalはこれまでに続き、Cloud FoundryやPivotal Cloudなどクラウドプラットフォームの展開に力を入れている。  

 またPivotalは2015年中に全ビッグデータ製品のオープンソース化を完了した。オープンソース化された時期と製品は次の通り。2015年5月にApache GEODE(インメモリ・データストア)、2015年9月にHAWQ(SQL on Hadoop)とMADlib(統計関数ライブラリー)、2015年10月GREENPLUM(並列処理データベース)。  

 Pivotalジャパンで見ると、9月に「Pivotal Labs東京」の運用を開始した。ついに日本にもPivotal Labsが開設されたことになる。今は六本木ヒルズにオフィスをかまえ、すでに4つのプロジェクトを受注して開発が進められている。Pivotal Labs東京のディレクターにはダニー・バークス氏が就任。

 Pivotal Labsの総本山ともいえるPivotal Labsサンフランシスコから来日しており、日本拠点への意気込みの表れとも言えそうだ。現時 点ではPivoal Labs東京のメンバーは14名ほどだが、年末までに25名ほどの増員を目指し、ゆくゆくはサンフランシスコに並ぶ規模(約100名)を目指しているという。

次のページ
シリコンバレーはもはや「地名」ではなく、「マインドセット」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/7872 2016/03/25 21:35

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング