SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

始めよう!EDB Postgres

EDB Migration ToolkitでOracle Databaseから簡単移行


 昨今、仮想インフラやクラウドの利用増加に伴い、Oracle Databaseからの置き換え先としてEDB Postgresを採用する企業が増えています。本記事では、EDB Postgresに標準実装されているデータベース移行ツール「EDB Migration Toolkit」を使ったOracle DatabaseからEDB Postgresへの移行方法についてご紹介します。また、来る8月10日に『企業向けDBの新たなスタンダード「EDB Postgres」の選定ポイント』と題したセミナーを開催します。4月の同セミナーが好評につき、追加での開催です。本セミナーではOracle Databaseからの移行事例を題材にさらに一歩踏み込んで活用の勘所を探ります。詳細は本記事の最後をご参照ください。

EDB Postgresの採用傾向

 EDB Postgresは企業向けデータベースに求められる機能を強化する形でPostgreSQLを進化させたデータベースです。サブスクリプション・ライセンスと呼ばれる年単位のサポート付き使用権で提供されており、ビジネス規模やシステム負荷に応じて必要な数のライセンスを購入することができます。また、データベースサーバに割り当てられたCPUコアをライセンス対象としているため、仮想インフラやクラウド環境で利用しやすく、図1にあるように当社のお客様実績では、仮想環境が約半数を占めています。また、データベースサーバに8コア以上を割り当てているシステムが全体の46%を占めており、EDB Postgresがさまざまな規模のシステムで利用されていることが分かります。

図1:EDB Postgresの稼働環境と利用CPUコア数
図1:EDB Postgresの稼働環境と利用CPUコア数

 主要エディションである「EDB Postgres Enterprise」はバックアップや監視など運用に必要なツール群の提供に加え、Oracle Databaseとの高い互換性(※1)を持っています。当社の調査ではSQLやPL/SQLに対する互換性は図2にあるようにそれぞれ90%、85%という高い割合であることを確認しています。また、当社のお客様事例ではOracle Databaseで作られた約1,400本のストアドプログラムのうち、書き換えが必要なのはわずか50本で、全体の97%が再利用可能という結果が得られた実績があります。

図2:EDB Postgres Enterpriseの特長とOracleプログラムの互換性
図2:EDB Postgres Enterpriseの特長とOracleプログラムの互換性

 このOracle Databaseとの高い互換性によって、移行にかかるコストと工数を小さく抑えながらOracle Databaseのノウハウが有効活用できる点が評価され、コストメリットの大きいOracle Database Enterprise Editionからの置き換え先としてEDB Postgresを採用する企業が増えているのです。

図3:移行元のデータベース
図3:移行元のデータベース

 (※1)SQLやPL/SQL構文をはじめ、トランザクション制御、各種ユーティリティなどOracle Database互換を中心としたEDB Postgresのエンタープライズ向け機能の資料を当社Webページよりダウンロードいただけます。

移行性のチェック段階から活用できるEDB Migration Toolkit

 データベース移行では、まず移行アセスメントを実施して移行難易度やリスクを事前に把握することが重要です。アセスメントでは、システム要件や構成などの情報を机上で評価した後、対象システムから抽出したサンプルデータとプログラムを使って移行可否を確認します。移行先がこれまで利用してきたデータベースと異なる場合、サンプルデータとプログラムを使った移行可否の確認は、データ定義の変更やプログラムの書き換えがどの程度発生するのかを把握するために必要不可欠な要素と言えます。この作業はスクリプト化して実施することもできますが、EDB Postgresの標準機能として提供されるデータベース移行ツール「EDB Migration Toolkit(MTK)」を利用すれば、図4のようにオブジェクト定義や文字コード変換だけでなく、プログラムの移行性も簡単に把握することができます。MTKがどのような機能をもっているのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

図4:MTKによる移行性のチェック
図4:MTKによる移行性のチェック

次のページ
EDB Migration Toolkitとは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
始めよう!EDB Postgres連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高瀬 洋子(タカセ ヨウコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/8253 2017/04/26 11:16

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング