EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

H/Wの進化を活かしきるSQL Serverのインメモリテクノロジー

edited by DB Online   2016/10/11 06:00

 前回は、SQL Serverがもつ広範な適応能力を皆様にご紹介する目的でSQL Server入門シリーズを連載しました。こちらの記事を読んで頂いた方々は、SQL Serverという製品がリレーショナルデータベースという単体機能だけでなく、データを取り巻くあらゆる物事を実現する為の総合的なデータプラットフォームであるということを理解頂けたものと思います。今回の連載では、今一度原点に立ち返り、SQL Serverのデータベースエンジンに絞って、ここ数年のお客様との会話で話題にあがることが多い”インメモリ”と“セキュリティ”に関して取り上げていきたいと思います。どちらも背景にはパフォーマンスの向上や情報漏洩の防止といった観点があるわけですが、ある種、二律背反の関係にあるこの両者はデータベースを使ったシステムの開発、保守、運用をしていく中で特に重要な要素です。今回の連載では、SQL Serverが持つインメモリ関連テクノロジーに関して本稿含めて全3回、セキュリティに関して1回の全4回でお届けします。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 坂本禎尚(サカモト ヨシヒサ)

    日本マイクロソフト株式会社 日本マイクロソフトでSQL Serverを中心としたデータプラットフォーム製品群の技術営業を担当しているチームに所属しています。データベースのコアスキルはDB2、Oracleで学び、SQL Serverはマイクロソフトに入社してから勉強し10年を超えたところで、BI/BA領域はもちろん、Azureのデータプラットフォームサービス含めた領域が現在の担当範囲です。技術営業を担当しているチームのブログ https://blogs.msdn.microsoft.com/dataplatjp/ にも投稿していますので、こちらも是非フォロー下さい。  

バックナンバー

連載:今さら聞けないSQL Serverのメモリ最適化テクノロジーと、押さえておきたいSQL Serverのデータベースセキュリティ
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5