SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

進化を続ける Power BI の効果的な使い方

Power BI Serviceのテナント管理

 前回の記事では、「Power BI Serviceで出来る事」を中心にお伝えしましたが、今回の記事ではPower BI Service を企業内で利用する場合に、必ず必要になってくる「テナント」の管理について解説をしていきたいと思います。

※Power BI Service のテナント管理については、本記事とは別に当チームのBlogにも記載していますので併せてご覧ください。
 Data Platform Tech Sales Team Blog : Power BI と Office 365 のテナント管理

 まず、テナントとは何かについて説明をします。
「テナント」とは、簡単に表現するとOffice 365 をはじめとするマイクロソフトが提供するクラウドサービスの「契約単位」です。このテナントに、SharePoint Online 、Exchange Online や Power BI Service などのライセンス情報や、ユーザーやセキュリティーグループなど認証や権限管理に必要な情報が紐づけられています。Power BI Service は独立したサービスではなく、Office 365のサービス群の一つとして提供されています。そのためOffice 365 のテナントを管理・設定することが、すなわち Power BI Service の認証基盤やユーザー管理、ライセンス管理を行うことになります。
 昨今、お客様先でPower BI Serviceのご紹介を行う際に、Power BI Serviceを利用開始するための方法やテナントの管理方法について問い合わせを受けることが多くなっています。そこで、次にPower BI Service を利用開始するための方法とテナントの管理方法について解説します。
 Power BI Serviceを新しく使い始めるには2つの方法があります。

 (1)エンドユーザーが自ら自分の会社のメールアドレスを使ってサインアップする方法
 (2)システム管理者が自社のユーザーをまとめて登録する方法

 実際に上記2つの方法でPower BI Service を使い始める時には、既にOffice 365のテナントがある場合と、テナントが無い場合で作業手順や利用開始後に管理可能な項目が変わってきますので、それぞれの組み合わせでその詳細についてまとめてみたいと思います。

 (1) エンドユーザーが自らサインアップする場合
www.powerbi.comから「無料でサインアップ」を選ぶと、エンドユーザー自身でPower BI Serviceにサインアップすることが可能

www.powerbi.comから「無料でサインアップ」を選ぶと、エンドユーザー自身でPower BI Serviceにサインアップすることが可能

(a) エンドユーザーが入力したメールアドレスのドメインに紐づけられたOffice 365のテナントがある場合

 サインアップしたユーザーが既に他のOffice 365 のサービスを利用している場合(=既にOffice 365 上にサインアップユーザーのアカウントが存在する場合)には、そのユーザーにPower BI Service(無料)のライセンスが付与されます。
 また、サインアップユーザーが他のOffice 365のサービスを利用していない場合(=Office 365 上にサインアップユーザーのアカウントが存在しない場合)には、アカウントが追加された上でPower BI Services のライセンス(無償版)が付与されます。
 テナント管理者が、どのユーザーがPower BI Serviceにサインアップしたかを確認したい場合には、Office 365の管理センターからサインアップしたユーザーを確認することが可能です。

テナント管理者がサインアップしたユーザーを確認する方法
テナント管理者がサインアップしたユーザーを確認する方法
 (b) エンドユーザーが入力したメールアドレスのドメインに紐づけられたOffice 365のテナントがない場合

 この場合は、そのドメインに対するテナントが自動生成されて、Power BI Serviceが利用できるようになります。

 登録されたユーザーは、一般ユーザーとして登録されますので、明示的に管理者ユーザーを登録しない限りそのテナントには管理者がいない状態となります。

 自動生成されたテナントに、管理者ユーザーを登録しテナント管理を行えるようにするには以下の手順で設定を行います。

Power BI ドキュメント: 組織内の Power BI を管理する > Microsoft によってユーザーに対して作成されたテナントを管理するにはどうすればよいですか。

https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/documentation/powerbi-admin-administering-power-bi-in-your-organization/#what-is-the-process-to-manage-a-tenant-created-by-Microsoft-for-my-users

 (2) システム管理者が自社ユーザーを登録する場合
 (a) 既にOffice 365のテナントがある場合

 Power BI Service のサブスクリプションを購入し、Office 365 の管理画面からユーザーにライセンスの追加をするだけでPower BI Service が利用できるようになります。

 (Power BI Service)

Office 365 管理ポータルからユーザーにPower BI Service のライセンスを付与する方法
Office 365 管理ポータルからユーザーにPower BI Service のライセンスを付与する方法
 (b) Office 365のテナントがない場合

 この場合は、新たにテナントを作成して、ユーザーを追加します。
 テナントの作成方法は、Office 365 のポータルからサインアップする方法や、上記(1)(b)に記載したテナントの自動生成機能を使う方法など、様々な方法があります。
 但し、実際の導入環境においてはただ単にテナントを作成すればよいという事ではなく、オンプレミスの認証基盤との連携やシングルサインオンの設計など様々な事を考慮して設計をしたのちに実際のテナントを作成する必要があります。

次のページ
Get-MsolAccountSku

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
進化を続ける Power BI の効果的な使い方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

倉重 秀昭(クラシゲ ヒデアキ)

日本マイクロソフト株式会社 クラウド&ソリューションビジネス統括本部 データプラットフォーム技術部   マイクロソフトに入社してもうすぐ10年。これまでいろいろなソリューションに携わってきましたが、ここ数年は、Business IntelligenceやBusiness Ana...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/8746 2016/12/08 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング