SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IoT時代のエンタープライズ・アーキテクチャ入門<実践編>

クラウドを使いこなす企業は何が違うのか? 社内の“3つの衝突”を防ぐ方法


 「今度のシステムはクラウドで作ろうと考えています。でも、うちの会社はクラウド導入のハードルが高いんですよねー。」……使いたいのか、使いたくないのか、クラウドとの向き合い方が曖昧な企業は今でも多いです。こうなる理由は、社内の担当者間で様々な衝突があるからです。一方で、クラウドを使いこなす企業はクラウドとの向き合い方が鮮明です。この両者で何が違うのでしょうか? IaaS/PaaS、SaaS、プライベートクラウドの3つに分けて考えます。

クラウド導入の残念なケース

 クラウドが登場してから、情報システムの導入に要する期間は総じて短くなったと感じています。オンプレミスであればサーバーを調達するまでに多くの時間がかかり、そのサーバー調達前のサイジングにも綿密な検討が必要でした。それがクラウドであれば直ぐに使い始めることができて、しかも後からのスケールアップも簡単にできるようになりました。今となっては目新しさを感じなくなったクラウドですが、登場した頃にはその画期性に感動がありました。

 しかし、導入期間が短縮されたクラウドではありますが、むしろ事前の調整に長い期間を要してしまうことがあります。こうなると、導入期間が短いというせっかくのクラウドのメリットは半減します。長引く調整期間は、付加価値の低いコストでしかありません。

図 1:クラウドのメリットが半減するケース・・・結局トータルの期間は同じくらい?

 クラウド導入の前に長い調整期間を要する企業では、概して社内の担当者間において衝突が発生しています。例えば、ユーザ部門と情シス部との衝突であったり、情シス部内においてもアプリ担当者とインフラ担当者との衝突であったりと、様々です。こうした衝突が、クラウドに関わる社内の調整を長引かせています。

 これらの担当者間の衝突のあり方は、対象となるクラウドの形態によっても異なります。本稿では、IaaS/PaaS、SaaS、プライベートクラウドの3つにブレイクダウンして、どのような衝突が発生しうるのか?それを回避するためにクラウドとどう向き合うのが良いのか?を見ていきます。

図 2:クラウドの形態により、衝突のパターンも異なる

次のページ
衝突1: IaaS/PaaSにまつわる社内の衝突

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IoT時代のエンタープライズ・アーキテクチャ入門<実践編>連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

安田 航(ヤスダ ワタル)

NTTテクノクロス株式会社 EAストラテジスト
NTTソフトウェア入社(現社名、NTTテクノクロス)以来、エンジニア、ITコンサルタントとして活動。EA(エンタープライズ・アーキテクチャ)手法を駆使したIT戦略/グランドデザインの策定と推進に多数の実績を持つ。日本企業の縦割り的な情報システムの考え方に...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/8929 2017/02/17 10:04

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング