SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(PR)

アサヒグループがオールフラッシュストレージを採用し、5年間のTCOを63%削減

ハードウェアリソースをムダなく使い、安定的に高いパフォーマンスを発揮

 HPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイは、HPEではオールフラッシュデータセンター実現に向けた戦略製品と位置づけられている。新たに「統合ストレージ」に採用されたHPE 3PAR StoreServ 20000は、4つのコントローラー全てをアクティブで稼働させ、オールフラッシュアレイならではの高いパフォーマンスと低レイテンシを実現する。

「実機テストでは、6つのテーマ(構成、機能、性能、運用、保守、接続性・移行)で検証を進めました。その結果、HPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイは、ほぼ全ての項目でトップスコアを獲得したのです」(白井氏)

HPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイはほぼ全ての項目でトップスコアを獲得した
HPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイはほぼ全ての項目でトップスコアを獲得した

 HPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイは、筐体を横断して全てのSSD/ディスクにI/Oを分散させるユニークなアーキテクチャーを採用している。アクセスが集中して高負荷になっても、ディスク使用率が高まってもパフォーマンスが落ちない特性は、導入した多くの企業から高く評価されている。

「ハードウェアリソースをムダなく使い、安定的に高いパフォーマンスを発揮するHPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイの能力を見極めることができました。多様なワークロードが混在する『統合ストレージ』に、まさに求められていた資質です」と石橋氏は評価する。

 さらに、5年間のTCO(移行・運用・保守を含む総コスト)評価が行われ、ここでもHPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイの優位性が明らかになった。

「大容量SSDを採用することで従来8ラックを占めていた環境を3ラックに削減し、ストレージシステムにかかる消費電力も最大で1/36に抑制されます。移行や運用・保守にかかるコストを含む5年間のTCOは、実に63%削減できる見込みです。ゼロベースで見直したからこそ、これだけの成果が得られるのだと考えています」(北浦氏)

数字で見る導入効果
数字で見る導入効果

「攻めと守りのIT戦略」を支え、経営戦略と一体化したIT活用を推進

 2016年11月に運用を開始したHPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイによる「統合ストレージ」は、実機テストで確認された高いパフォーマンスを本番環境でも存分に発揮している。物理・仮想サーバー合わせて540台以上がHPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイに接続され、SSDの総容量は700TBを超える。

「スケジュールを前倒しして、8ヵ月で移行を完了できたことが大きかったですね。それだけ早く高速な統合ストレージのメリットを享受できるのですから。物理環境の移行が中心だったとはいえ、旧システムで18ヵ月を要した難作業です。HPEの強力なサポートに感謝しています」(白井氏)

 アサヒグループは、M&Aと海外展開の加速を視野に「攻めと守りのIT戦略」をさらに強化する構えだ。「攻め」の面ではグループ共通基盤化とグループ統合会計を実現し、「守り」ではITリソース集約とコストマネジメント強化を達成したが、すでに新しいチャレンジが始まっている。

「次のステージでは、パブリッククラウドと高度な連携が可能な、より柔軟なハイブリッド環境の実現を目指します。データセンターレベルでの自動化に向けて、HPEとともにクラウドオートメーション/オーケストレーション技術の検証にも着手しています」と石橋氏は話す。

 HPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイは、OpenStackに代表されるクラウド管理ツールとの親和性が高く実績も豊富だ。プロビジョニングや構成変更などを自動化・セルフサービス化することで、プライベートクラウド基盤の運用はさらに容易になる。

「M&Aにより全社システムが複雑化・高コスト化した時期もありましたが、これを完全に脱して、業務とシステムの標準化・共通化・統一化を果たしました。HPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイの導入が、意思決定や業務プロセスのスピード化に貢献することを期待します」(畑本氏)

アサヒグループホールディングスは、経済産業省と東京証券取引所による「攻めのIT経営銘柄」に、2年連続(2015・2016年)で選出されている
アサヒグループホールディングスは、経済産業省と東京証券取引所による「攻めのIT経営銘柄」に、
2年連続(2015・2016年)で選出されている

 最後に、北浦氏が次のように語って締めくくった。

「いま必要としている共通基盤としてのプライベートクラウドは理想形に近づいています。ですが、5年後、10年後の社会の変化やワークスタイルの進化を支えるためには、最新テクノロジーをさらに積極的に活用していく必要があります。経営とITの融合をさらに進め、経営と一体化したITの実現を目指します。私たちのチャレンジに終わりはありません。HPEのいっそうのご支援に期待します」

統合ストレージの刷新という難作業をやり抜き、すがすがしい笑顔をたたえるメンバー。しかし、その視線はもう「経営と一体化したITの実現」という次の目標に向けられている
統合ストレージの刷新という難作業をやり抜き、すがすがしい笑顔をたたえるメンバー。しかし、その視線はもう「経営と一体化したITの実現」という次の目標に向けられている

調査レポート「1,000人のストレージユーザーから得たフラッシュに関するデータと新事実」
をダウンロード提供しています(無償)

調査レポート「1,000人のストレージユーザーから得たフラッシュに関するデータと新事実」ダウンロードページ

 フラッシュストレージ導入を検討されている方が知りたい次のような情報を、アンケートの回答をもとにまとめた調査レポートです。

  • フラッシュストレージの導入率
  • フラッシュストレージの特性
  • OracleやVDIなどに適用した場合のパフォーマンス
  • データの保護、圧縮、運用環境など

 ぜひ本資料をご一読いただき、自社のIT戦略やストレージ選定の参考資料としてお役立てください。

 ⇒ ダウンロードはこちらから(無償)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

Hewlett Packard Enterprise 執筆チーム(ヒューレット パッカード エンタープライズ シッピツ チーム)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9062 2017/09/14 16:02

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング