SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

Teradata Partners 2017が開幕、TeradataとAsterを統合するTeradata Analytics Platformを発表


 米国カリフォルニア州アナハイムにて、テラデータの年次カンファレンスイベント「Teradata Partners 2017」が開幕した。今回のイベントのタイミングでは数多くの発表が行われているが、中でも目玉の1つと言えるのが「Teradata Analytics Platform」だ。これはTeradata、Asterというこれまで別々の製品として提供してきた主力のデータ分析エンジンを、1つのプラットフォームに統合するものだ。

ビジネスの爆発的な成長をテラデータのアナリティクスでサポートする

 オープニング・ゼネラルセッションのステージに登場したテラデータの社長 兼 CEO ビクター・ランド氏は、世界の技術はどんどん変化していて、今後もその変化のスピードはさらに加速するだろうと言う。大きな変化がある中では、将来的なリスクとリターンを予測できないと企業のビジネスはうまくいかない。そしてローリスクでハイリターンを求めるには「Roadmap」「Analytics」「Discipline(統制)」の3つが必要であり、この3つを顧客企業が実践できるようサポートするのがテラデータの役割だと語る。

 Teradata 社長 兼 CEO ビクター・ランド氏
 Teradata
社長 兼 CEO
ビクター・ランド氏

 テラデータは企業にアナリティクスのニーズがあることを十分に理解しており、そのために必要な技術を拡張性のある形で提供している。たんに企業においてデータが分析できるようにするだけなく、アナリティクスを本番環境で運用してビジネスの中で活用できるようにする。

 「そのための広範な分野に対応するコンサルティングの組織があることも、テラデータの大きな特長です。企業は世界がどこに行くかを予測し、その予測に基づいて投資をする必要があります」(ランド氏)

 続いて登場したエグゼクティブ・バイスプレジデント 兼 チーフ・プロダクト・オフィサーのオリバー・ラッゼスバーガー氏は、テラデータの新たなサービス、製品戦略について説明した。ラッゼスバーガー氏もアナリティクスは光の速度で進化しており、たんにアナリティクスでデータを分析するにとどまらずそれを運用に持って行かなければならないと指摘する。そして、ビジネスが常に変化し、新たな市場の破壊者が登場するような状況では、自分たちが破壊者にならないと破壊されてしまうとも言う。

 Teradata エグゼクティブバイスプレジデント兼最高製品責任者(CPO) オリバー・ラッゼスバーガー氏
Teradata
エグゼクティブバイスプレジデント兼最高製品責任者(CPO)
オリバー・ラッゼスバーガー氏

 ラッゼスバーガー氏が、アナリティクスにより大きく変わった企業の例として紹介したのが、プロクター&ギャンブル社だ。同社は長い間、自社製品を利用している顧客のデータを持っていなかった。それが電動歯ブラシの製品を進化させることで、大きく変化することになる。電動歯ブラシの「ブラウン オーラルB」にBluetooth機能を搭載し、スマートホンのアプリケーションと連動することで利用者に合った正しい歯磨きをガイドするようにしたのだ。これによりユーザーは、毎日の歯磨きデータを記録、分析できるようになった。同時にそのデータをプロクター&ギャンブルでも把握できるようになった。

 つまり顧客と製品を介してつながったことで、プロクター&ギャンブルは顧客データを分析できるようになったのだ。またデンマークに拠点を置きグローバルな海運事業を行っているMAERSKでは、船舶で運ぶコンテナすべてをIoT化している。IoTでセンサーから得られるデータを分析してコンテナ輸送の効率化を図ったことで、コンテナの運用コストを数百万ドルの規模で削減できたとのこと。これもまた、新たなアナリティクスの環境をビジネスに組み込んだことで、MAERKSに大きな変化をもたらしたのだ。

次のページ
Teradata Everywhereを実現する新たなプラットフォーム

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9991 2017/10/25 14:32

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング