EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士通SSL、複数クラウドサービスの利用状況の可視化と制御を実現するCASBサービスを販売開始

  2017/10/30 15:45

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、シマンテックと販売契約を締結し、企業で利用されている複数クラウドサービスの利用状況の可視化と制御を実現するCASB(Cloud Access Security Broker)サービス「Symantec CloudSOC」を10月30日に販売開始すると発表した。

 CASBサービス「Symantec CloudSOC」は、自社内で利用されているクラウドサービスの可視化や、やり取りされている機密データを監視し、危険な共有を解除するなどの制御をすることで、今まで困難であった複数のクラウドサービスに対する企業の一貫したセキュリティポリシー適用を実現するという。

 CASBサービス「Symantec CloudSOC」の特徴は次のとおり。

 1. 全社クラウドサービスの利用状況を可視化し、高リスクサービスをブロック可能

 ・今まで把握が困難であった全社員のクラウドサービス利用状況を確認できる。これにより、未許可にも関わらず利用されていたクラウドサービスの特定が可能になる。

 ・Symantec社が提供するProxySGと連携することで、未許可のクラウドサービスへのアクセスをブロックするなどのアクセス制御が可能。

 ・各クラウドサービスのリスクレベルを確認できるため、アクセスをブロックすべきサービスかどうかを容易に判断することが可能。

 2. 企業ポリシーに反する機密情報の扱いを検知して制御可能

 ・クラウドサービス上のファイルのデータ種別や共有状況などを特定し、それらに合わせたセキュリティポリシーを強制適用できる。データ種別は日本独自のマイナンバーなども含め自動認識。

 ・マイクロソフトの「Office 365」やGoogleのビジネスアプリケーションスイート「G Suite」等に個人情報を含む情報が共有された場合に、強制的に共有解除などが可能。また、機密情報のアップロード・ダウンロードをブロックすることで情報漏えい対策を実現。

 3. ユーザーの振る舞いに基づいた制御が可能

 ・機械学習によりユーザーの行動を分析し、振る舞いに応じたセキュリティポリシーの適用が可能。例えば、ユーザーの怪しい挙動を検知した場合に、自動的にアクセス制限や強制ログアウトを実施することで、不正アクセスによる情報漏えいリスクを低減。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5