SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

富士通がクラウドサービスK5にノキアのSDNを採用しOpenstack Ironicマネ―ジドIaaSを提供

 世界最大規模のOpenStackクラウドサービスであるK5は、仮想マシン(VM)とベア・メタル・サービスの両方を使用したIaaSとしてインフラストラクチャを提供する。ベア・メタル・サービスは、商用向けとしては世界で初めてOpenStack Ironicにより管理されるという。

 OpenStackとNuage Networks Virtualized Services Platform(VSP)との組み合わせによって、富士通とそのエンタープライズ・カスタマーに、拡張性と可用性にきわめて優れた仮想ネットワークが提供されるという。

 Nuage Networks次世代オーバーレイSDNソリューションは、日本、欧州、北米にある現在のデータセンターから、シンガポールおよびオーストラリアの新センターまで、富士通のクラウド・ベースのサービス、K5の事業規模の拡大を支援するという。

 国内のデータセンターを皮切りとして、クラウド・サービス K5により、富士通のエンタープライズ・カスタマーは、既存のサーバ環境をK5データセンターへ移行することができ、デジタル・トランスフォーメーションを加速することが可能になるという。

 これにより、OpenStack、Ironic、およびNuage Networks VSP上で動作するクラウド・ネイティブなアーキテクチャへと迅速に移行することができる。サービスの「オンデマンド」によるデリバリに加え、クラウドのセキュリティ、管理性、可用性が大幅に向上するほか、完全統合されたベア・メタル・サービス上で動作するクラウド・ネイティブ以外のアプリケーションに対しても、完全なサポートが保証されるという。

 Ironicとは、仮想マシンに対立するものとして、ベア・メタル・サーバをプロビジョンするOpenStackソフトウェアプログラムになる。カスタマーは、ハードウェアを直接使用し、ハイパーバイザ上の仮想化インスタンスでなく、実際の物理マシン上にワークロードをデプロイできる。これは、仮想化環境が望ましくなく、物理的なベア・メタル・サーバ環境の方が好ましい場合に適しているという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10137 2017/11/29 16:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング