SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

オリゾンシステムズ、フローベースのネットワーク監視ソリューション「Flowmon AWS対応版」の提供を発表

 「Flowmon」は、ネットワークの接続機器から収集したフロー情報(NetFlow/IPFIX/sFlowなど)を用いて、ネットワーク全域の可視化、既知・未知の脅威の発見、誤使用や不正使用の検出を可能にするソリューション。従来のハードウェアアプライアンス版、VMware仮想アプライアンス版に新しく追加された「Flowmon AWS対応版」により、より低価格に短期間でFlowmonソリューションを利用でき、クラウドの特性を活かして、必要な性能スペックや機能を柔軟に選択できるという。

 また、フロー情報の転送/送受信は、従来のVPN経由/UDP通信に加えて、TCP通信および暗号化通信(TCP/TLS)を利用可能になり、より手軽にセキュリティを確保できるという。

「Flowmon」の概要

 「Flowmon」は、中核となる「Flowmonコレクタ」が、フロー情報(送信元/送信先IPアドレスやポート番号、プロトコル番号などの通信統計情報)を、フロー情報生成可能なスイッチやルータ、またはフロー情報生成専用装置「Flowmonプローブ」などから収集し、蓄積・分析することで、ネットワーク全域や個々の通信をWeb管理コンソールから可視化できるようにする。これにより、トラフィックの詳細を継続的に監視して、迅速なトラブルシューティング、不適切な行為の抑制や社内規律の保持に役立てることができる。

 また、「Flowmonコレクタ」のプラグインオプションとして、ネットワーク上の異常なトラフィックや振る舞いを検知する「Flowmon ADS(Anomaly Detection System)」、Dos攻撃に特化した「Flowmon DDos Defender」などがあり、既知/未知の脅威や、ネットワークの不正使用を検出することができる。

 ネットワーク解析手法の1つであるパケットキャプチャーは、取得データが膨大で解析に負荷がかかる。また、SNMP(Simple Network Management Protocol)を使えば情報の取得を簡素化できるが、インタフェース単位のトラフィック総量までしか監視できず、ユーザ/アプリケーション単位の情報は得られない。Flowmonが採用するフロー解析は、これらの手法の長所を活かした技術で、ネットワーク可視化の第一選択肢となりつつある。

「Flowmon AWS対応版」の特徴

 「Flowmon AWS対応版」は、「Flowmonコレクタ」のAWS対応版で、企業のAWSアカウント上で利用できる形態でFlowmon AMI(EC2インスタンスイメージ)を提供し、また、スペックに合わせたインスタンス作成代行も行う。

 「Flowmon AWS対応版」は、1秒間のフロー処理量(fps)とストレージ容量の違いにより8モデルあり、「Flowmon ADS」「Flowmon DDos Defender」などのオプションを必要に応じて選択可能。

 Flowmon最新版(バージョン9、2018年2月リリース)では、「Flowmonプローブ」と「Flowmonコレクタ」間におけるフロー情報の送受信が、従来のUDP通信での転送に加え、TCP通信およびTLSによる暗号化転送に対応しており、「Flowmon AWS対応版」も同様に、クラウド上において、より手軽にフロー情報転送のセキュリティを確保できるという。

 また、従来のWeb管理コンソールに加えて、AWSにスマートフォンのアプリからアクセスして、トラフィックの可視化や分析結果を見ることができる。スマホアプリはAppleStore/Google playから入手可能。

 「Flowmon」は、オリゾンシステムズが2012年から国内販売総代理店として取り扱いを開始し、大規模ネットワークユーザを中心として業種/業界を問わず多数の導入実績があるという。今回、「Flowmon AWS対応版」の追加により、小規模ユーザも含めて、さらに積極的に市場を開拓する計画で、AWSとの契約手続き代行、AWSのFlowmonインスタンスに特化した運用代行など、オプションサービスも提供する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10668 2018/04/25 14:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング