SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

MDIS、文書・帳票の電子化ニーズに応えセキュリティ・コンポーネント「MistyGuardシリーズ」を機能強化

 電子契約、電子交付、電子申請、国税関係書類の電子保存(電子帳簿保存法の保存要件)、先使用権立証のための証拠文書、等への電子署名や文書の存在証明となるタイムスタンプは、ますます重要性を増してきている。組織間で文書交換する際のファイル形式としてXMLの普及が加速しており、金融業界では2020年までに送金指図電文をXMLに移行する計画が進められている。

 産業界全般では、IoTの普及に伴い電子証明書の発行対象が「人」から「機器」に拡大したことから、そのセキュリティ対策として大量の電子証明書の需要が見込まれている。

 一方、法的に原本の保存義務がある文書や帳票の電子化においては、技術進歩や標準化の進展、普及状況などを踏まえた見直しが行われている。このうち長期保存が必要なものもある医療関係文書については、2016年の厚生労働省のガイドラインや、2017年の一般社団法人保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)のガイドラインでは電子署名とタイムスタンプを付与することとされているが、国税関係の文書や帳票については2015年の税制改正で、内部統制整備を前提に電子署名を不要とし、タイムスタンプが付与されていればよいとの要件緩和が行われた。

 こうした動向を踏まえ、MDISはセキュリティ・コンポーネント製品機能を拡充・強化し、IoTの進展に対応したPKI技術により、医療や金融分野などの文書の電子化や活用のニーズに応えていくという。

「MistyGuardシリーズ」機能強化のポイント

 1. XML形式ファイルに対応したSignedXML Serverを新たに発売

 新製品「SignedXML (サインドエックスエムエル) 」により、XML文書への電子署名とタイムスタンプ付与を実現。長期署名技術であるXAdESにも対応している。

 2. PDF形式ファイルへの電子署名等を行うSignedPDF Serverの機能を強化

 PDFリファレンス2.0に従った電子署名を伴わないタイムスタンプの付与が可能となった。また、フォルダへのドラッグ・アンド・ドロップによる電子署名機能や、タイムスタンプ付与を可能とするなど、ニーズの多様化に合わせて機能を強化。

 3. 電子証明書発行を行うCERTMANAGERにIoT時代に即したWebAPI機能を追加

 認証サーバシステムCERTMANAGER(サートマネージャー)に、インターネットを介して電子証明書発行処理が行えるWebAPI機能を追加。WebAPIでインターネット接続し、電子証明書のオンライン発行が可能になる。

 ■発売される製品

  • 電子署名サーバモジュール「MistyGuard<SignedXML Server> V.1.00」
  • 電子署名サーバモジュール「MistyGuard<SignedPDF Server>PureJAVA版V.4.00」
  • 電子認証サーバシステム「MistyGuard<CERTMANAGER> V.9.00」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10677 2018/04/26 15:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング