SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

TED、自律型エンドポイントセキュリティ「Sentinel Endpoint Protection Platform」の販売を開始

 「SentinelOne Endpoint Protection Platform」は、 EPP(Endpoint Protection Platform:外的脅威を防御)+EDR(Endpoint Detection and Response:外的脅威の検知・調査)をコンセプトとして開発された自律型エンドポイントセキュリティ製品。クラウド型ブラックリスト/ホワイトリスト、静的機械学習エンジン、動的機械学習エンジン等多彩な防御手段により外部からの様々な攻撃を効果的にブロックし、エンドポイントの挙動や攻撃内容を随時記録するので、効果的な確認が行えるという。

 また、マルウェア実行時に端末内に展開されたマルウェアの分身や、強制変更された設定ファイル、ランサムウェアに暗号化されてしまった大切なファイルも、特別なスキルを有することなく1クリックで瞬時に復旧させることが可能だ。

■「SentinelOne Endpoint Protection Platform」の機能・特徴

  • ブラックリスト/ホワイトリスト、機械学習型静的解析エンジンにより既知、未知のマルウェアを検出し隔離
  • 機械学習型動的解析エンジンによりエクスプロイト、マクロ、近年増加傾向のスクリプト型ファイルレス攻撃等も検出しブロック
  • 端末の自動隔離により感染拡大を未然に防止
  • 高度な知識を要する復旧作業を自動化
  • ランサムウェアに暗号化されたファイルを1クリックでロールバック
  • 端末の挙動を随時収集することにより攻撃前後の情報を時系列で収集可能
  • API連携によるエコシステム構成
  • 上記の多種多様な機能をワンエージェントで実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10682 2018/04/27 14:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング