SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTPC、SD-WANサービス「Master'sONE CloudWAN」に「セキュアパッケージ」を追加

 このサービスは、日本企業の多くが利用しているネットワーク環境(NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ」を用いた閉域ネットワーク)の良さを残したまま、安心してSD-WAN機能を導入できる、国内VPNサービスとして初めてのサービスになるという。

 国内企業の8割はインターネットを介さない閉域ネットワークでインフラを構築しており、その多くは「フレッツ」をアクセス回線として利用中だという。そのため、NTTPCはアクセス回線に「フレッツ」を用い、NTTPCが提供する閉域ネットワークでSD-WAN機能を利用できるメニューをラインアップとして拡充した。

サービスの特徴

 ・閉域ネットワークで安心してSD-WAN機能を利用

 現在、SD-WANサービスを導入している企業の多くは、インターネット経由での利用環境を整備している。このサービスはインターネットと隔離されたNTTPCが提供する閉域ネットワーク上で、サイバー攻撃などの不安なくSD-WAN機能を利用することができる。

 ・ネットワーク輻輳(混雑)しにくい低遅延なIPoE接続を採用

 アクセス回線の「フレッツ」接続方式としてIPv6 IPoE接続を採用。これにより、従来のIPv4 PPPoE接続と比較して、遅延が少ない企業ネットワークを構築することができる。

 ・シンプルな構成でアクセス回線も一元提供

 NTTPCが提供する専用エッジ装置に、アクセス回線接続用ルーター機能が搭載されるため、専用エッジ装置1台で、「フレッツ」回線を用いた閉域ネットワークの構築が可能となり、シンプルな構成を実現できる。さらに、NTTPCが提供する「ファイバーライン(光コラボレーション)」の申込みにより、アクセス回線から閉域ネットワーク、SD-WANまでを一元的に管理・運用することができる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10848 2018/06/12 17:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング