EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Arcserve Japan、バックアップアプライアンスArcserve UDP 8000シリーズに40TB/80TBの大容量モデルを追加

  2019/01/23 14:30

 Arcserve Japanは、バックアップアプライアンスの新モデル「Arcserve UDP 8400 Appliance」および「Arcserve UDP 8420 Appliance」を、Arcserve UDP 8000シリーズのラインナップに追加したことを発表した。新モデルは2月1日から受注開始する。

 Arcserve UDP 8000シリーズは、イメージバックアップソフトウェアArcserve Unified Data Protection(Arcserve UDP)がプリインストールされたバックアップ専用サーバ。最適化されたハードウェアでバックアップ・リカバリをより簡単かつシンプルに実現できるという。

 また、ソフトウェアとハードウェアのサポートが一本化されているため、万が一の障害の際にも迅速な対応が可能だという。

 Arcserve Japanでは、企業からのさらなる大容量バックアップへの要望を受け、従来の12TB/24TBモデルに加え、新たな大容量モデルを提供する。「Arcserve UDP 8400/8420」は、2Uの筐体に12本のHDDを搭載し、それぞれ40TB/80TBのバックアップ容量を確保している。既存のArcserve UDP 8000シリーズと同様、保護対象となるサーバ/PCの台数に制限がないため、対象マシン台数が増加しても追加ライセンス費用が不要になる。

 ■発表されたバックアップアプライアンス

 ・Arcserve UDP 8400 Appliance(RAID6、40TBモデル)
 ・Arcserve UDP 8420 Appliance(RAID6、80TBモデル)

 ■製品仕様

 ・オペレーティングシステム:Windows Server 2016 Standard Edition

 ・ストレージ容量(RAID設定)
  Arcserve UDP 8400:40TB(RAID6)
  Arcserve UDP 8420:80TB(RAID6)

 ・ハードディスクドライブ
  Arcserve UDP 8400:4TB SAS × 12
  Arcserve UDP 8420:8TB SAS × 12

 ・ソリッドステートドライブ(重複排除用)
  Arcserve UDP 8400:960GB SSD
  Arcserve UDP 8420:1920GB SSD

 ・プロセッサ:Intel Xeon E5-2620 v4. 8コア16スレッド 2.1GHz×2

 ・RAM:64GB

 ■標準搭載される機能

 ・Arcserve UDP Advanced Edition:継続的な増分バックアップ、仮想マシンのエージェントレスバックアップ、共有フォルダ(CIFS)のバックアップ、Windows PCの保護、Office 365の保護、グローバルデデュプリケーション、システムのベアメタル復旧、ファイル/フォルダ単位のリストア、バックアップデータの遠隔転送、テープへの二次バックアップ(オプションの増設カードが必要)、Active Directory / SQL Server / Exchange Server / Oracle DBのオンラインバックアップ、仮想スタンバイ、インスタントVM、統合管理コンソール等

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5