EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オラクル、「Oracle Cloud」の東京データセンターを開設 年内に大阪にも

  2019/05/08 15:30

 日本オラクルは2019年5月8日、Oracle Cloudのデータセンターを東京に開設し、運用開始したことを発表した。また、今後6か月以内に、大阪にもデータセンターを開設する計画だ。

 東京リージョンでは、「Oracle Autonomous Database」や、次世代クラウド・インフラストラクチャをはじめとするオラクルの「Generation 2 Cloud」サービスにより、企業にセキュリティ、パフォーマンスおよび信頼性に優れたクラウド環境を提供する。

東京リージョンの開設について説明する日本オラクル 執行役社長 最高経営責任者 フランク・オーバーマイヤー氏

 今後も韓国・ソウル、インド・ムンバイ、オーストラリア・シドニーにリージョンの開設を予定しており、日本およびアジア太平洋地域でアプリケーションの実行および事業継続の選択肢を強化する。

 国内におけるオラクルの顧客企業の多くは東京リージョンを活用し、重要なアプリケーションをクラウド上に構築、または移行することに高い関心を寄せているという。本番環境のエンタープライズ・データウェアハウス、バックオフィス・アプリケーション、自動車シミュレーションなどのワークロードには、これまでのクラウドにはなかったサービス・レベルが必要になる。

 今回、運用開始した東京リージョンでは、高性能コンピュート、GPU、HPC、ストレージ、ネットワーク、コンテナに加え、「Oracle Autonomous Data Warehouse」「Oracle Autonomous Transaction Processing」などのサービスを提供する。

 これらのサービスにより、企業はミッションクリティカルなパフォーマンスに加え、”コア・ツー・エッジ“のセキュリティ、業界で優れたレベルのSLA、高度な機械学習により主要なデータベース管理を自動化する業界初の自律型データベースなどを備えたセキュアなクラウド環境を利用できるという。

 これらの「Generation 2 Cloud」クラウド・サービスを包括的に提供することで、エンタープライズおよびクラウド・ネイティブの両方のワークロードを安心して稼働させることができるクラウド環境を実現するとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5