SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

「CData Drivers 2019版」をリリース――SQL SSISの機能強化、ADO.NET、JDBCの各ドライバーで機能追加など

 V2019での主要な機能強化は以下のとおり。

  • SQL SSIS Components:Lookupコンポーネントおよびタスク実行コンポーネント。
  • JDBC Drivers:新しいコネクション(接続文字列)ビルダー、およびパフォーマンス改善。
  • ADO.NET Data Providers:Visual Studio 2019対応、Entity Framework Core対応、.NET Standard対応。
  • 新規ドライバーデータソース:Act-On、Acumatica、Amazon Marketplace、Blackbaud、Couchbase、Dropbox、Instagram、MariaDB、Odoo、SFTP、Pervasive(Btrieve)、Evernote、FedEx、Greenplum、Google Spanner、IBM Cloud SQL、Oracle、Sybase、Snowflake、Teradata、Veevaなどのドライバーを追加。

SQL SSIS Components

 CDataのSSIS Integration Suiteでは、2019版リリースで大幅なアップデートがある。新しいソースおよびデスティネーションデータソースに加え、パワフルなルックアップコンポーネントやタスク実行機能を強化した。

 ・Lookup Components:SSIS Lookupコンポーネントは、Data Flowタスクにおいてマッチするレコードとマッチしないレコードに対して異なるアウトプットを行うルックアップを実行することで、データフローを大幅にシンプルする。さまざまなキャッシングオプションが用意されており、使い方に応じてパフォーマンスチューニングが可能。

 ・Execute Tasks:フローレベルでストアドプロシージャやSQLクエリの実行をサポート。ストアドプロシージャおよびDDLステートメントはデータフロー(ファイルのダウンロード、メールの送信など)にフィットしない処理を実行する場合や、データフローの前処理としてデータベースを準備する場合(テーブルデータのトランケートなど)に役に立つ。タスク実行により、これらの機能を簡単に実装できる。

 これらの機能強化されたSSISコンポーネントは、ETL/データ連携をSSIS のオンプレミス版に加え、Azure Data Factory) での利用をサポート。

JDBC Drivers

 2019 JDBC Driversでは、データソースラインアップ拡充に加え、"Connection String Builder"ウィザードの追加により使い勝手を大幅に改善。Connection String Builder(接続文字列ビルダー)は、ドライバーに同梱されたウィザードで、ドライバーごとに異なるデータソースへの接続設定をサポートし、URL文字列を生成してくれる。

ADO.NET Data Providers

 2019版のADO.NET Data Providersでは、Microsoft Visual Studio 2019をサポート。加えて、Entity Framework Core 2.0-2.1へのサポートを行っている。

データソース固有のアップデート

 ドライバーの全データソースにわたる機能強化に加え、2019版では、個別のドライバーへの機能強化を行っている。

  • Couchbase:他の接続オプションに対し最大20倍となるパフォーマンス強化。N2QL、およびSQL++の広範囲のサポート、およびメタデータハンドリング。
  • Azure Cosmos DB:パフォーマンス改善、およびプラットフォームカバレッジ拡充。
  • LinkedIn:LinkedIn広告へのサポート拡充およびCompanyページデータへのアクセス強化。
  • JIRA:ProjectsおよびFilters をサポート。
  • Salesforce Einstein Analytics:Upsert、Delete、BulkUpsert、BulkDeleteに対応。
  • Google BigQuery:カスタムスキーマ定義をサポート。
  • Snowflake:非同期クエリのサポート。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12081 2019/05/29 15:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング