SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Red Hatとマイクロソフトが仮想化環境の相互運用を検証

 Red Hatとマイクロソフトは、それぞれRed Hat Enterprise LinuxとWindows Serverという企業向けのサーバーOSを持っている。また、仮想化プラットフォームについては、Red Hat Enterprise仮想化テクノロジとWindows Server Hyper-VおよびMicrosoft Hyper-V Serverがある。これまでは、片方の仮想化プラットフォーム上でもう片方のゲストOSとの混在環境での運用は難しかったが、今回の相互運用検証の合意で、このようなニーズに応えることができるようになる。

 合意の内容は、Red Hatの仮想化プラットフォーム上でWindows ServerをゲストOSとして動作させる技術検証と、Windows Hyper-V上でRed Hat Enterprise LinuxをゲストOSとして動作させる技術検証をそれぞれ行うというものだ。これによって得られた相互運用の技術ノウハウを共有し、顧客のサポートなどへ生かす予定だそうだ。

 なお、今回の検証プロジェクトには相互のライセンス契約や財務的な協業は含まれていない。特許やオープンソースライセンスの契約やクロスライセンスなどは発生しないという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1225 2009/02/18 15:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング