SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、RSAセキュリティと共同でログ管理アプライアンス「RSA enVision powered by Express5800」を発表

 NECRSAセキュリティは19日、統合ログ管理領域での共同開発と販売提携について合意した。今回の提携に併せて、RSA製の統合ログ管理ソフト「RSA enVision」をNEC製PCサーバ「Express5800」に搭載したアプライアンス製品「RSA enVision powered by Express5800」としてNECより国内販売する。

 RSA enVisionは、世界で1,400社以上の導入実績を持つ統合ログ管理ソフトウェア。クライアントにソフトウェアをインストールすることなくログを収集できる点が最大の特徴だ。今回のアプライアンス化によって、ITインフラの構成機器が出力するイベントログの収集をさらに容易に行えるようになる。収集したログについては分析を行い、わずかな兆候からリアルタイムにセキュリティ上の問題を検出、通知できる。

 また、RSA enVisionは1,100以上のレポートテンプレートを備えており、一元的に管理されたログ情報からSOX、PCI-DSSなど新しいコンプライアンス要求に対応したレポートも作成可能だ。

 ハードウェアにはNECのPCサーバExpress5800を採用し、高信頼性、可用性設計による運用環境を提供。ログの長期保存に必要なストレージ製品も幅広く用意する。万が一の障害の際には、NECグループが日本全国に展開するサポート網を通じてサポートを提供する仕組みだ。

 販売開始は2009年3月2日を予定。価格は最小構成で680万円からとなっている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1229 2009/02/19 16:56

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング