EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTT Com、オンデマンドでICTリソースのセキュアな相互接続を実現する「Flexible InterConnect」を提供開始

  2019/09/26 16:00

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、企業拠点と、企業が利用するさまざまなクラウドサービス、データセンターなどをオンデマンドでセキュアに接続可能な次世代インターコネクトサービス「Flexible InterConnect」を9月30日から提供開始すると発表した。

 NTT Comは、データによる企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に必要なすべての機能をワンストップで提供する「Smart Data Platform」を中核として、データ利活用ビジネスを推進している。「Flexible InterConnect」は、「Smart Data Platform」におけるインターコネクト機能を担うという。

「Flexible InterConnect」の概要と特徴

 このサービスは、企業が利用しているさまざまなクラウドサービスやデータセンターなどの間を閉域でセキュアに接続する。

 このため、NTT Comのクラウドサービス「Enterprise Cloud」をはじめ「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform(GCP)」などのクラウド間でセキュアなデータ流通ができる。

 また、これらのクラウドと、NTT Comのデータセンター「Nexcenter」および本サービス対応の企業データセンター内にあるオンプレミスサーバーとの間でもセキュアなデータの流通が可能だ。

 さらに、その接続先や利用するネットワーク帯域、セキュリティ設定などを、ポータルサイトからオンデマンドで簡単に設定、一元的に管理することができる。

 (1) 広帯域でセキュアな閉域接続

 1つの物理ポートからさまざまなクラウドサービスやデータセンターと接続することが可能なため、接続先のクラウドサービスやデータセンターごとに回線を用意する必要がない。最大10Gbpsの広帯域接続にも対応しており、セキュアで安定したデータ流通を実現する。

 (2) 直感的なUIで一元管理

 ポータルサイトから、接続先や利用するネットワーク帯域、セキュリティ設定などを一元管理することができる。ネットワークが正常に機能しているかどうかのトラフィック管理も行うことが可能。複雑化したICT環境をシンプルでスマートに運用・管理することができる。

 (3) 各種セキュリティやルーティング機能なども提供

 オプション機能として、ファイヤーウォールやNATなどを、ソフトウェアコンポーネントとして提供。専用機器の購入や設定が不要になり、ポータルで必要な機能を選択するだけで簡単に利用できる。

 (4) 安心して利用できる上限付き時間課金

 使用時間に応じて使った分だけ課金される時間課金のため、新規ビジネスをスモールスタートで始める際などに適している。また、月額料金の上限が設定されているため、安心して利用できる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5