SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ラックとデジタルハーツHD、攻撃者目線での脅威把握へ、ペネトレーションテストに特化した合弁会社を設立

 レッドチーム・テクノロジーズは、高度な技術力を有するホワイトハッカーが攻撃者目線で実際に脆弱性を突くことで脅威を実証するクラウドソースペネトレーションテスト事業を提供する。昨今、サイバー攻撃が高度かつ大規模化した影響で世界各地のサイバーリスクは高まっており、日本政府でも金融庁が「金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組方針」を発表するなど、堅牢なセキュリティ整備を求められている。

 クラウドソースペネトレーションテストとは、高いセキュリティ技術を有し、機密情報にアクセス可能なクリアランスを通過した人材のみをクラウドを介して登用するサービスだ。複雑な攻撃を実行することで重篤な脆弱性を見つけ出し、具体的な対策をアドバイスする安全かつ効果的な検査方法という。

 攻撃者目線でセキュリティ検査を実施及び当該攻撃に対し有効な対策を指南出来る人材は極めて希少であり、ペネトレーションテスト(以下、ペンテスト)の利用が進む欧米では、経営層や監査役などが情報窃取の脅威が実際に起こり得るのか可能性を把握するために利用している。同社によると、セキュリティ対策を情報システム部門がリードしていた日本では、ペンテストの活用は限定的で、高度なスキルと知見を要するペンテストの人材も不足しているという課題があるという。

 そこで、こういった課題を解決するため、ラックとデジタルハーツHDはレッドチーム・テクノロジーズの設立に至った。サイバーセキュリティを経営課題と捉える大手金融機関や大手流通企業、決済事業者等の企業に向けて、従来より低価格・短納期で拡大する需要に対応するため、世界有数のホワイトハッカーを活用したSynack社のクラウドソースペネトレーションテストサービスを提供するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12627 2019/12/02 11:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング