EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

カクイチ、IBM Cloud上の「Watson Studio」を活用しAIによる農業の見える化を推進

  2020/04/17 14:00

 日本IBMは、カクイチのナノバブルウォーターとITを活用したアクアソリューション事業において、農業事業者に適確にアドバイスを行うシステムと、スマホアプリの構築を支援し、4月より運用を開始している。

 同システムでは、農園やビニールハウスに取り付けたセンサーから収集した照度、湿度、気温、土壌の水分、地中温などのデータを収集・蓄積し、AIで時系列の因果関係を分析。その結果によって見える化された、最適な散水のタイミングやバルブの設定をもとに、ナノバブルウォーターを散水することで、農作物の収穫量や品質の向上を可能にした。

カクイチと日本IBMが開発したシステムの概要
カクイチと日本IBMが開発したシステムの概要

 同システムのデータ分析モデル作成には、IBM Cloud上でデータ準備からAIモデル開発までをシームレスに行える統合分析プラットフォーム「Watson Studio」を採用している。

 分析結果を表示・管理するためのスマートフォンアプリの構築の発想から構築では、アイデアの創出からPoC・顧客実証実験までをアジャイルに繰り返し、スタートアップのようなイノベーション創出を支援する「IBM Garage」のアプローチを採用。カクイチの農業のスペシャリストと日本IBMのAIのエキスパートが一体となって同システムを実現した。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5