SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

カクイチ、IBM Cloud上の「Watson Studio」を活用しAIによる農業の見える化を推進

 日本IBMは、カクイチのナノバブルウォーターとITを活用したアクアソリューション事業において、農業事業者に適確にアドバイスを行うシステムと、スマホアプリの構築を支援し、4月より運用を開始している。

 同システムでは、農園やビニールハウスに取り付けたセンサーから収集した照度、湿度、気温、土壌の水分、地中温などのデータを収集・蓄積し、AIで時系列の因果関係を分析。その結果によって見える化された、最適な散水のタイミングやバルブの設定をもとに、ナノバブルウォーターを散水することで、農作物の収穫量や品質の向上を可能にした。

カクイチと日本IBMが開発したシステムの概要
カクイチと日本IBMが開発したシステムの概要

 同システムのデータ分析モデル作成には、IBM Cloud上でデータ準備からAIモデル開発までをシームレスに行える統合分析プラットフォーム「Watson Studio」を採用している。

 分析結果を表示・管理するためのスマートフォンアプリの構築の発想から構築では、アイデアの創出からPoC・顧客実証実験までをアジャイルに繰り返し、スタートアップのようなイノベーション創出を支援する「IBM Garage」のアプローチを採用。カクイチの農業のスペシャリストと日本IBMのAIのエキスパートが一体となって同システムを実現した。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12869 2020/04/17 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング