SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ファイア・アイ、セキュリティの新常識を問うオンラインイベントを7月14日・15日に開催

 ファイア・アイは、オンラインイベント「FireEye Virtual Summit」を、7月14日・15日に開催する。参加費は無料で事前登録制。

 「FireEye Virtual Summit」は、「セキュリティの新常識を問う2日間」と題して、クラウド時代に求められるセキュリティや、セキュリティ有効性確認など、これからの時代に求められるサイバーセキュリティについて考える。

 さらに、その根幹となる脅威インテリジェンスに関して、のべ20万時間を超えるインシデントレスポンスの現場からMandiantコンサルティングが収集している攻撃者インテリジェンス、被害者インテリジェンスの両面から模索する。

 第1日目(7月14日)は、「EMPOWER:サイバーセキュリティ対策の未来 ~さらなる進化に向けて~」と題して、アイ・ティ・アールのコンサルティング・フェローである藤俊満氏による「アフターコロナにおけるクラウド化の光と闇」、ファイア・アイのコンサルティング・セールス・エンジニアである檜垣泰典氏による「セキュリティの新常識『セキュリティ有効性確認』とは?」などのセッションが行われる。

 第2日目(7月15日)は、「DEFEND:サイバー攻撃の今 ~攻撃のリアルと対策の強化~」と題して、ファイア・アイのシニア・セールス・エンジニアである中村泰行氏による「ビジネスに活かす脅威分析DIY(メールセキュリティ編)」、同社のシニアコンサルタントである小池昭氏による「早期発見・早期対処でビジネスを守る - 侵害された時からの3日間に何ができるか」などのセッションを予定している。

 開催時間は両日とも11時~15時45分。詳細はこちらへ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13143 2020/06/25 14:34

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング