SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ネットワンシステムズ、独自アーキテクチャでauカブコム証券の新ネットワーク基盤を構築

 ネットワンシステムズは、auカブコム証券の独自アーキテクチャによる新ネットワーク基盤を構築したことを、6月29日に発表した。

 同基盤では、独自の設計概念「サイト・面・エリア」を導入。オンプレミスとクラウドを横断して、シンプルかつセキュアな運用を可能にしている。

新ネットワーク基盤の概要
新ネットワーク基盤の概要

 新ネットワーク基盤では、システムの用途別に4種類の「面」(顧客向けサービス、社内システム、開発環境、運用管理システム)を定義。各「面」の間でネットワークを分離することによって、顧客向けサービスや社内システムで取り扱う機密情報のセキュリティを強化する。また、障害時におけるシステム間の影響を限定的にすることで、顧客向けサービスの可用性を向上した。

 各「面」は、場所の区分である3種類の「サイト」(メインデータセンター、BCPデータセンター、クラウド)を横断して接続されている。そのため、稼働させるアプリケーションの性質に応じて、オンプレミス・クラウドから最適なインフラを選べる。また、設計を標準化・シンプル化したことによって、ルーティングを最小限にしている。システム変更時や障害時の影響範囲を明確にして、ネットワーク設計・運用の負荷を軽減し、システムの展開・変更スピードを向上した。

 さらに、各「面」の中に機器構成をパターン化した「エリア」(サーバ収容エリア、回線収容エリア)を定義。共通で利用する回線・機器を集約し、コストパフォーマンスを最大化した。これにより、機器台数・設置スペース・運用コストの50%削減、消費電力の40%削減を実現している。

 そのほか、オンプレミスデータセンター側では、クラウドでは性能要件が満たせない高性能・低遅延・高帯域なサーバファームを実現すべく、末端のサーバまで10Gbpsで接続し、基幹ネットワークも最大60Tbpsまで転送可能な性能を実現した。また、旧データセンターから新データセンターへサーバ環境を移設する際には、両データセンターを仮想的にレイヤー2ネットワークで接続。仮想サーバのIPアドレスを維持したまま、無停止で移行できるようにしており、サービスへの影響を最小限にしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13177 2020/06/30 18:41

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング