EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

データ・アプリケーション、データハンドリングプラットフォーム「RACCOON 2.1」を発売

  2020/07/02 10:00

 データ・アプリケーションは、データハンドリングプラットフォーム「RACCOON(ラクーン)バージョン2.1」を、6月30日に発売した。同製品により、データ連携や移行時のデータ加工・変換をノンプログラミングで実現する。

 「RACCOON 2.1」では、クラウドのデータやアプリケーションを呼び出すWeb APIで多く利用されるJSONフォーマットをサポートする。Web APIのインターフェースを持つツールと組み合わせることで、SAP S/4HANAやSalesforceなどとの連携が可能。次に連携するシステムにあわせた、データ変換・加工を自動化できる。

RACCOONを活用したデータ連携のイメージ
RACCOONを活用したデータ連携のイメージ

 また、クラウドデータベースのMicrosoft Azure SQL Database、Amazon RDS、Oracle Database Cloud Serviceをサポートしたほか、Excelフォーマットでは、Excel 2019、Excel for Microsoft 365をサポートした。

 そのほか、稼働環境にOracle Cloudを追加し、クラウド環境との連携を強化。RACCOONをオンプレミス、クラウド、SaaS間のデータ連携の中核として、データ変換・加工の自動化による、シームレスなデータ連携を実現している。

 税別価格は、スタンダードエディションが300万円、セレクトエディションが100万円から、スタンダードエディションのタームライセンスが月額12万5000円(最低期間3か月)、サブスクリプションモデルが月額4万円から。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5