SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

台湾のSupreme Electronics、Oracle製品サポートをリミニストリートに切り替え

 米Rimini Street(リミニストリート)は、台湾の大手電子部品販売代理店であるSupreme Electronicsが、「Oracle E-Business Suite」および「Oracle Database」のサポートをRimini Streetに切り替えたと発表した。

 Supreme Electronicsは、Oracleの保守サポートに支払っている高額な費用を削減する方法や、ベンダーから受けているサポートよりも応答の早いサポートを探し求めた結果、Rimini Streetの第三者保守サポートを採用。模擬運用によるテストを行うとともに、台湾の金融監督管理委員会(FSC)と国際財務報告基準(IFRS)のコンプライアンス基準を満たしたことから、Oracleの保守サポートをRimini Streetへ切り替えている。

 なお、Supreme Electronicsでは現在「EBS 11.5.10.2」を運用しているが、新しいアップデート、修正、CPU、さらに税金、法律、規制に関する最新情報をベンダーから受けられない状態である。12.1以前のすべての「Oracle E-Business Suite」リソースは、Oracleによる完全なサポートが受けられていない。

 また、「Oracle Database 11g」リリースも運用しているが、2020年末をもってベンダーによる完全なサポートが受けられなくなる。Rimini Streetの保守サポートに切り替えることで、サポート切り替え時点から最低15年間は現在のOracleシステムのサポートを受けられるようになる。

 Rimini StreetによるSupreme Electronicsのサポートでは、他のクライアントと同様に専任のサポートエンジニア(プライマリーサポートエンジニア:PSE)が担当する。同エンジニアはOracleソフトウェアに関して平均15年の経験を持ち、機能的なテクニカルエキスパートチームが24時間365日体制で対応する。また、クライアントとは優先度「1」の問い合わせには15分で応答するというサービスレベル契約(SLA)を結んでいる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13201 2021/01/03 12:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング