SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース (PR)

誰もがAIモデルを作って成果を出せるツール「DataRobot」の公式ガイドブックが発売

 EnterpriseZineを運営する翔泳社では、7月20日(月)に『DataRobotではじめるビジネスAI入門 [DataRobot Japan 公式ガイドブック]』を発売しました。

 本書では誰でもAIのモデルを作成し分析や予測ができるツール「DataRobot」の効果的な使い方を解説。DataRobot Japanのメンバーが執筆する公式ガイドブックです。

 AIを活用すればビジネスを成長させられると言われますが、皆さんは実際に成果を出せているでしょうか。これまではたしかに、AIを利用するには高度なスキルを持つデータサイエンティストや技術者が必要で、推進チームを結成したとしても現場レベルでのAI活用が難しいなど頓挫してしまうケースが少なくありませんでした。

 そうした専門スキルを必要とせず、誰もがAIで自社のデータを分析し、予測を出してビジネスに活かせるのがDataRobotです。本書ではその基本的な使い方はもちろん、「なぜこのデータが出てきたのか」という要因分析や、意思決定のための需要予測の方法も解説しています。

 DataRobotはAIの民主化を目指して開発され、実際に成果を出している企業も増えているそうです。アナリストやマネージャーなど、もっと手軽にAIを利用したい、AIを使って成果を出したいと考えている方はぜひ本書をチェックしてみてください。

目次

PART1 AI利用者と推進者のための事前知識

PART2 DataRobotの使い方
CHAPTER0 基本的な使い方
CHAPTER1 教師データの収集と準備
CHAPTER2 モデルの生成
CHAPTER3 モデルの評価と解釈
CHAPTER4 モデルの実運用化

PART3 ビジネス課題への応用方法
CHAPTER1 業務活用編:予想の活用によるターゲティング
CHAPTER2 業務活用編:離脱予測とその要因
CHAPTER3 業務活用編:需要予測とその利用
CHAPTER4 業務活用編:異常検知とその活用

DataRobotではじめるビジネスAI入門

Amazon SEshop その他

DataRobotではじめるビジネスAI入門 [DataRobot Japan 公式ガイドブック]

著者:シバタアキラ、中山晴之、小島繁樹、川越雄介、香西哲弥
監修:シバタアキラ
発売日:2020年7月20日(月)
価格:3,300円+税

本書について

本書は自動でAIモデルの作成や予測をしてくれる「DataRobot」を利用して、AIをビジネスで活用する手法を解説した書籍です。

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13206 2020/07/20 07:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング