EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SonicWall、サイバー脅威レポートで悪意のあるMS Officeファイルの増加を報告

  2020/08/19 16:30

 SonicWall Capture Labsの脅威調査チームは、2020年上半期SonicWallサイバー脅威レポートを発表した。このレポートでは、ランサムウェアの増加、新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの日和見的利用、システムの弱点、サイバー犯罪者によるMicrosoft Officeファイル利用の高まりを指摘している。

 2020年の上半期における世界のマルウェア攻撃は、2019年の上半期合計である48億件から32億件に減少した。今回の下落は、昨年11月に始まった下落傾向の継続としている。

 また、世界的にマルウェアの量が減少しているにもかかわらず、ランサムウェアが企業にとって最も懸念される脅威かつサイバー犯罪者に好まれるツールであり続けており、2020年上半期には世界全体で20%(1億2,140万件)の増加している。

 現在、何百万人もの作業者がリモートで作業を行う必要性に迫られていることから、人々はビジネス生産性のアプリケーション群に依存しており、Microsoft Officeは必須のものになっている。SonicWallの脅威研究者によって、信頼できるMicrosoft Officeのファイルタイプを装った新しいマルウェア攻撃が176%増となったことが観測されたという。

 さらに、SonicWallの研究者は、IoTマルウェア攻撃が50%増加していることを観測した。これは、個人や企業が自宅で作業を導入するようになるにつれ、オンラインに接続されているデバイスの数が増えていることを反映しているという。未確認のIoTデバイスは、通常は安全性の高い組織へのサイバー犯罪者にとっての入り口を提供することになりかねないとしている。

 SonicWallの社長兼CEOのビル・コナー氏は、「最新のサイバー脅威データによると、サイバー犯罪者は、不確実な時代にも自分たちに有利になるように戦術を変化させ続けていることがわかります。これまで以上にリモートやモバイルが利用されるようになったことで、ビジネスは危険に常にさらされており、サイバー犯罪者業界はそのことを強く認識しています。組織は、その場しのぎのセキュリティ戦略や従来のセキュリティ戦略から脱却し、この新しいビジネスの常態はもはや新しいものではないことを認識することが不可欠です」と述べている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5