SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ServiceNow Japan、最新バージョン「Paris」を発表 コロナ禍の生産性向上を支援

 ServiceNow Japanは、Now Platformの最新バージョン「Paris」を発表した。

 「Paris」リリースにより、Now Platformという単一のプラットフォーム上で下記のことが実現可能となる。

  • 新しいワークフローやアプリでビジネス変化に迅速に対応し、すべてのアプリに組み込まれたアナリティクスとAI機能で生産性を高めながら、企業全体の業務をデジタル化し、自動化する
  • 従業員がどこにいても最適な働き方体験を提供することで、従業員の生産性を向上し、重要な任務をこなせる組織へと変革
  • ワークフロー連携により、顧客ロイヤルティを高めます。ワークフローの連携を実現することで、企業は拠点ごとに業務管理を効果的かつ効率的に行ったり、不測の事態に備えて回復力の高い業務を整理したり、またセルフサービスを自動化により業務キャパシティを拡張することができる
  • ITの生産性、コスト、レジリエンシーを最適化し、ITSM(IT Service Management)とAIOps(IT運用向け人工知能)の近代化と自動化を図り、回復力の高いシステム運用を実現しながら、ソフトウェア、ハードウェア、クラウドのコストを削減
Now Platform「Paris」に含まれる2つの主な新製品
  • Business Continuity Management:ServiceNowプラットフォーム内のコンテキストを活用した、最新の自動化されたビジネスインパクト分析(BIA)、事業継続計画の策定、危機管理により、回復力の高いシステム運用を実現
  • Hardware Asset Management:ハードウェアやデバイスに関する経費、契約、在庫情報の詳細を追跡し、IT資産のライフサイクルを自動化して、購入から廃棄までの意思決定をよりスマートに行えるようになる

業界ソリューションでServiceNowのエコシステムを強化

 ServiceNowは、新たに、金融サービス業界および通信業界向けソリューションの提供を開始(英語版での提供となる。日本語版の提供は現時点で未定)。

金融サービス業界向け
  • Financial Services Operationsにより、リテールバンクはフロント、ミドル、バックオフィスのチームやシステムを連携し、より迅速に顧客にサービスを提供できるようになる。また、決済やクレジットカード申請などの核となるワークフローをデジタル化し、業務を効率化する
通信業界向け
  • Telecommunications Service Managementは、顧客にプロアクティブな体験を提供し、顧客が持つサービスをより柔軟に管理できる。また、カスタマーケアおよびオペレーション組織には、サービスプラットフォームの強化と、顧客の状態や健全性に関するインサイトを提供し、結果としてサービスやコストの削減が可能になる
  • Telecommunications Network Performance Managementは、ネットワーク運用チームにインストールベースの統一されたビューを提供し、複数のネットワーク監視プラットフォームにまたがるイベントやアラームを分析、相関、解決する機能を提供。影響を受けた顧客を正確に特定し、問題の解決までの時間を短縮することができる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13424 2020/09/23 17:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング