EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立、DXを加速させる5Gテスト環境をシリコンバレーに構築 産業ソリューションの開発も進める

  2020/09/25 18:00
シリコンバレーリサーチセンターにて、ロボットアームを利用した5Gのユースケースを研究する様子
シリコンバレーリサーチセンターにて、ロボットアームを利用した5Gのユースケースを研究する様子

 日立製作所(以下、日立)は、エリクソンの協力のもと、日立アメリカの研究開発部門の一部である米国カリフォルニア州のシリコンバレーリサーチセンターに、専用5Gネットワークを構築した。

 日立アメリカは、ジョージア工科大学と共同で開発した、人とロボットが一緒に作業を行うコラボラティブ・ロボティクス遠隔操作技術を用いた製造ソリューションの実証を始める予定。さらに、エリクソンと共同で、今回構築した専用5Gネットワークを活用した産業ソリューションの開発を進めていくとしている。

 また、日立はジョージア工科大学とともに、5GエッジのAI技術を活用し、柔軟に自動化を実現することができるアプリケーションを開発している。そのアプリケーションの一つに、リアルタイムでの熟練作業者と機械のリモート・コラボレーションがある。

 この技術では、MECサーバに割り当てた5GエッジAI技術と、5Gを介して現場から収集した大量のセンサデータ(4K映像とTOFセンサの情報で構成)を活用して、遠隔地にいる作業者の判断を支援し、ロボットを最適に制御することが可能。この技術は、製造現場に応じて柔軟な自動化を実現し、製造業のハイパーカスタマイゼーションに貢献するという。

 今回構築した専用5Gネットワークは、日立アメリカとエリクソンが北米での5Gソリューションを検証するテスト環境。さらに、日立の顧客協創アプローチに顧客が参加して、デジタルトランスフォーメーションを加速させる場でもあるとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5