EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アドビ、未来のPDF構築に向け「Liquid Mode」を発表 小型端末における閲覧の不満解消へ

  2020/09/29 18:05

 Adobe(以下、アドビ)は米現地時間9月23日、Adobe Acrobat Readerモバイル版アプリの新機能「Liquid Mode」を発表した。

Liquid Modeの機能について

 アドビが行った調査によると、モバイルデバイスでの文書の閲覧を「不満足」と感じている日本人は回答者の60%に上り、その理由として「文字が小さすぎる(54%)」、「ピンチインやズームアウトする必要がある(42%)」、「読み込みに時間がかかる(33%)」などが挙げられた。一方で、約80%の人がより簡単に書類が閲覧できるようになれば、モバイルデバイスを活用して仕事をすると回答したという。

 こうした背景を踏まえアドビは、iOS、Android、そしてGoogle Play ストアを利用できるChromebookを含めたAdobe Acrobat Readerモバイル版アプリに、Liquid Modeを搭載。本機能は、デスクトップやブラウザにも近々搭載されるという。なお、日本語版の対応は、来年以降を予定している。

 Liquid Modeを使えば、テキストや画像、表の大きさを、小さなモバイルデバイスの画面に合わせて自動的に組みなおすことができる。また、自動的に目次を生成する機能や、文章の段落を折りたたんだり拡張したりする機能、文字検索機能も搭載されている他、フォントサイズに加えて、文字や行間のスペースもより読みやすいものに変更可能としている。

未来のPDF

 アドビは、アドビの提供するあらゆるドキュメント関連製品・サービスにAdobe Senseiを組み込むことを未来のPDF構築に向けた取り組みの中核に据えているという。

 PDF自体に変更を加えず、PDFの内容を閲覧、抽出できる本機能は、データベース、PC、モバイルデバイスおよびWeb上に格納された数兆個のPDFの分析や活用に役立つ機能だとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5