SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、基幹システムをSAP S/4HANAへ刷新 テレワーク下の導入でも約40%の機能削減を実現

 NECは、デジタルトランスフォーメーション(DX)変革加速に向けて、自社グループの基幹システムを従来のSAP ERP(SAP ECC 6.0)からSAP S/4HANAへ刷新するとともに、合わせてSAP HANAを活用したデジタル経営基盤(ビッグデータ基盤)を構築し、本番稼働を開始した。

 すでに海外10カ国14拠点に導入し、今後順次グループ各社に展開していく予定だとしている。

SAP S/4HANAへの刷新とデジタル経営基盤の構築について

基幹システムのSAP S/4 HANAへの刷新

 AI、機械学習、データ分析などインテリジェント機能を備えるSAP S/4HANAにて刷新することで、ビジネスプロセス全体で様々なアプリケーションと連動し、DX化を推進していくという。

 また、アビームコンサルティングのサービスである「ABeam Cloud Conversion Express Factory for SAP S/4HANA」などを採用し、品質確保・効率化により実行計画を短期に策定した。テスト工程では、プロセスマイニングツール「Celonis」とインテリジェントオートメーションの「Blue Prism」を組み合わせた自動テスト方式「Digital Test」を採用し、大幅な工数削減を実現したとしている。

 なお、今回の刷新ではテレワークによる働き方で、当初の計画どおりに既存業務への支障をきたさない品質での導入を実現し、かつ機能棚卸により約40%の機能を削減したという。

SAP HANAをベースとしたデジタル経営基盤の構築

 SAP HANAを採用することで、目的別に用意していたデータベースを統合し、データ加工の工数を削減し、鮮度と精度の高いデータを提供できる情報系プラットフォームを構築。さらに、Cloudera Data Platformを採用することでデータプラットフォームを二層化し、効率的かつ拡張可能なデータ管理を実現した。

 これにより、ビジネスプロセス全体から上がる情報や企業内外のあらゆる情報をデジタル経営基盤に一元化し、グループ社員全員がデータ分析をすることにより経営と業務の高度化を図り、DX化を加速していくとしている。

 NECは、このSAP S/4 HANAへ刷新した基幹システムとデジタル経営基盤を今後グループ各社に順次展開することで、ビジネスプロセス全体の周辺システム刷新に加えて、NECの持つAIなどICTを活用したDX化をさらに推し進めていくという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13450 2020/09/30 15:58

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング