EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

武田薬品、アクセンチュアおよびAWSと戦略的提携契約を締結 3年間で専門人材を数百人採用する計画も

  2020/10/14 17:00

 武田薬品工業(以下、武田薬品)とアクセンチュアおよびAmazon.comの関連会社であるAmazon Web Services(以下、AWS)は、武田薬品のデジタル変革を加速するため、5年間の戦略的提携契約を締結したことを発表した。

 3社による長期的な提携を通じ、武田薬品はIT基盤の刷新やデータサービスの加速、イノベーション創出に向けた社内組織の変革や、従業員に新たなスキルの習得や働き方を許容する体制が整い、クラウド活用を前提とした事業変革を推進するという。

 武田薬品は、クラウド活用を前提とした「クラウドファースト」のアプローチを採用することで、不要なシステム構築作業を排除し、より高い拡張性と信頼性を担保した安全なITアーキテクチャの構築が可能になるとしている。また、アプリケーションの80%をクラウドに移行することで、差別化をもたらさないテクノロジーや自社データセンターの削減を進め、支出の抑制を図る狙いがあるという。

 さらに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する臨床研究を拡大するため、本提携では、COVID R&D Alliance向けの安全なデータ共有および臨床試験推進プラットフォームをクラウド上に5日足らずで構築。クラウドを活用しなかった場合、このプラットフォームの立ち上げには最大3カ月が必要になるという。

 加えて、武田薬品のPlasma-Derived Therapies Business Unitでは、デジタルでつながった最先端の血漿収集センターの設立に向けて取り組んでおり、2024年までに血漿の採取能力と製造能力を65%以上向上させる計画があるとしている。

 武田薬品は、今後3年間でデータおよびデジタル領域の専門人材を新たに数百人採用する計画があるとしており、数千人にのぼる従業員のスキル向上を図り、データのさらなる活用力とデジタル化を推進を目指すという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5