EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Canonical、Kubernetesの軽量化を追求したMicroK8sにクラスター構築機能を追加

  2020/10/16 21:00

 Canonicalは英現地時間10月15日、MicroK8sにおける自動高可用性(HA)クラスター構築機能を発表した。

 MicroK8sは、Kubernetesの仕様を満たす最小版であり、コマンド1つでインストールとクラスター作成を実行できる。新しく追加された高可用性機能は、3つ以上のノードをクラスター化すると自動的に有効となり、障害時にはデータストアがノード間を自動的に移行してクォーラムを維持するという。

MicroK8sの機能詳細

フェイルセーフで自律的なKubernetesデータストア

 MicroK8sの環境を支えるデータストア「Dqlite」が、Kubernetesに組み込まれている。これは、Canonicalがデータベース管理システム「SQlite」を大幅に改良したもので、データストアの保守を自動化するという。

エッジでの信頼性の高い自動運用

 MicroK8sはパッケージ管理に「Snap」を使用するため、圧縮形式でネットワーク経由で更新、トランザクションのロールバック、セキュリティパッチの自動適用が可能だとしている。

産業用IoT向けのKubernetes

 HA MicroK8sにより産業用IoTアプリケーションが強化され、OT(Operation Technlogy、運用テクノロジー)環境でクラウドネイティブのアプリケーションをサポートできる。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5