EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

組織内のすべてのエンドポイントをリアルタイムに評価 クラウドストライクが新製品を発表

  2020/10/27 19:00

 クラウドストライクは米現地時間10月13日、「CrowdStrike Falcon Zero Trust Assessment(ZTA)」を発表した。

 CrowdStrike Falcon ZTAは、すべてのエンドポイントにリアルタイムのセキュリティポスチャ評価を提供。デバイスの正常性チェックやコンプライアンスチェックの結果に基づき、動的に条件付きアクセスを課すことで、ユーザーや組織のリスクを軽減するという。

 どのエンドポイントに対しても必要最低限(最小権限)の特権アクセスのみ許可し、機密データや企業資産へのアクセスを許可する前に必ず評価を行うことにより、確実にすべてのエンドポイントにゼロトラストが強制されるとしている。

 Oktaに加え、Akamai、Cloudflare、Google Cloud、NetskopeおよびZscalerなどのクラウドセキュリティベンダーと提携することで、CrowdStrikeのエンドポイントポスチャ評価が継続的に行われ、堅牢なユーザーアクセスと認証ポリシーが実現されるという。

特長と機能

  • 継続的なゼロトラストチェック:Windows OSを実行しているすべてのマネージドデバイスに対し、継続的なゼロトラスト評価を自動的に行う
  • セキュリティポスチャの可視化:CrowdStrike Falcon管理コンソールから、ゼロトラストに関するエンドポイントポスチャスコアを確認し、個別のホストごとにそのスコアを精査する
  • ゼロトラストエコシステム:Okta、Google Cloud、Akamai、Zscaler、Netskopeなどの業界リーダーを含む、ゼロトラストパートナーとシームレスに統合。これにより、ユーザーやエンドポイントのリスク評価を集約し、セキュリティポスチャを強化できるほか、信用できないホストからのアクセスを禁止できる
  • APIワークフロー:Falconが管理するエンドポイントそれぞれについてFalcon ZTA統計を測定するためにAPIを使用できる

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5