SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ServiceNow Japan、オペレーショナルリスク管理など新機能を追加 規制要件の変更にも対応

 ServiceNow Japanは、11月18日、オペレーション状況をリアルタイムで把握・管理するための製品「Operational Risk Management」に、オペレーショナルリスク管理や、レジリエンスを高めるための機能を追加したことを発表した。

 今回追加された新機能は、以下の通り

  • Operational Resilience Management:サイロ化された環境における継続的な可視性と、影響度に応じたガイダンスを提供することにより、各事業部門は、主要なビジネスプロセスのオペレーショナルリスクを理解した上で管理できるようになる。具体的には、テクノロジー、サプライヤー、オフィスや施設、人材のレジリエンス(影響を受けた後の回復力)を計算、追跡し、リスクスコアと影響を受けるプロセスの範囲に基づいたアクションを推奨する
  • サードパーティ向けのリスク管理を機能強化:サプライヤーの階層(ヒエラルキー構造)や子会社をサポートし、倒産、納期、サイバーセキュリティなどの異なるリスク領域に基づいて、階層内の各レベルを高度に評価することができる

 今回発表する新機能の一環として、あらゆる種類のリスクをさまざまな手法により、手動または自動で評価できる高度なリスク評価エンジンを備えている。これにより、多種にわたる領域を横断したリスク管理の統合を実現するとしている。

 さらに、今回の新機能に加えて、新たなフレームワークと厳格な規制要件が課せられる政府、金融サービス、ヘルスケア業界といった主要産業を支援するための規制変更管理も提供するという。NIST RMF、CIS Top 20 Controls、国際決済銀行(BIS)ガイダンス、および規制更新を自動化する変更管理に対応したことで、組織はコンプライアンスに遵守するために効果的に管理できるとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13622 2020/11/18 16:47

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング