SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アクセンチュア、楽天モバイルのすべてのネットワーク運用をクラウドへ移行

 12月14日、アクセンチュアは、楽天モバイルの完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークの立ち上げにおいて、ビジネスモデルの策定から開発・運用までを支援したことを発表した。

アクセンチュアが支援した世界初となる楽天モバイルの完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークの特徴
アクセンチュアが支援した世界初となる楽天モバイルの完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークの特徴
[画像クリックで拡大]

 2020年4月に本格的なサービス提供を開始して以降、楽天モバイルのクラウドネイティブモバイルネットワークは、新型コロナウイルス感染症の影響にも関わらず、一般的な通信事業者と比べ、2.5倍のデータトラフィックを処理しているという。

 また、楽天モバイルのネットワーク運用コストは、他の通信事業者と比較して約30%削減されており、同社は、ほとんどの通信事業者より迅速にソフトウェア開発や立ち上げを可能にしている。

 さらにアクセンチュアは、楽天モバイルのサービスエクスペリエンスセンターの開設も支援。同センターは、旧来型のネットワークオペレーションセンターを進化させ、より顧客のニーズに寄り添ってサービスを提供する役割を果たすという。他にも、ニアリアルタイムのネットワーク監視や障害検知・防止を可能とする楽天モバイルのネットワークオペレーティングシステム(RNOS)の開発と導入も支援している。

 同社で通信・メディア事業のグローバル統括を務めるシニア・マネジング・ディレクターのフランチェスコ・ヴェントゥリーニ(Francesco Venturini)氏は、「楽天は、創造的破壊の文化や、優れたソフトウェア開発力、提供能力によって、まったく新しいモバイルネットワークを実現しました。アクセンチュアは、5Gやエッジクラウドの開発に投資を行い、全世界から専門家やソリューション、アセットを集結させることで、この先進的なプロジェクトを支援しました。今後も楽天モバイルとともに探究心を育みながら、取り組みを進めてまいります」と述べている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13721 2020/12/14 19:55

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング