SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Auth0、セキュリティとUXを両立するアダプティブ多要素認証を提供

 Auth0は米現地時間12月15日、ハッキングやデータ漏洩の脅威を軽減するセキュリティ機能、アダプティブ多要素認証(Adaptive MFA)の提供を開始した。

 従来の多要素認証はログインごとに試行されていたが、アダプティ多要素認証は、ログインがリスクをともなうと判断された場合にのみ表示される。これは、既知のデバイスからの異常行動、不可能な移動、IPレピュテーションを測定する総合的なリスクスコアによって計算されるという。

 アダプティブ多要素認証を使用することで、特定ユーザーの行動パターンに合致しない場合にのみ、エンドユーザーに二次的な認証を要求することができるとしている。

 たとえば、サンフランシスコで毎朝同じ時間に個人のパソコンからアカウントにサインインしているユーザーの場合、アダプティブ多要素認証は、ログインが地域外、通常の時間枠外、または別のコンピュータやIPアドレスから行われた場合にのみ、第二要素認証機能を提示するものだという。

 Auth0のチーフプロダクトオフィサー Shiven Ramji(シヴァン・ラムジ)氏は、「この新機能は、自動攻撃、アカウントの乗っ取り、フィッシング攻撃などの高度な脅威に対抗するために設計されています。これまでセキュリティとユーザー体験のトレードオフを余儀なくされていた企業にとって、アダプティブMFAは重要な検討事項です」と述べている。

【関連記事】
「Auth0 Marketplace」の提供開始 大規模プロジェクトにおける複雑な認証管理にも対応
GVA TECHが「Auth0」を導入、「AI-CON Pro」のセキュリティを向上へ
日立開発のPBI、顔認証本人確認システムに活用 沖縄県の医療機関において有用性を検証へ
TwoFive、「DMARC」認証結果レポート作成サービスを無償提供 なりすましメール対策に活用
日立、生体認証を活用したクラウドサービスの提供へ 独自認証技術PBIを活用し安全性を高める

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13737 2020/12/17 18:07

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング