EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

AWSを採用し、任天堂がサーバーレスコンピューティングを実現

  2020/12/25 12:28

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンは12月25日、任天堂が2018年9月に開始した「Nintendo Switch Online」において、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)が採用されていることを発表した。

 AWSは2011年から任天堂に採用され、Nintendo Switchにおいてもプッシュ通知をはじめ、ゲームをダウンロードできるニンテンドーeショップなど様々な機能にてAWSが利用されている。

 任天堂は、クラウド向けに構築されMySQLに対応したリレーショナルデータベース「Amazon Aurora」とコンピューティングエンジン「AWS Fargate」を利用しており、フルマネージド型のコンテナオーケストレーションサービス「Amazon Elastic Container Service(ECS)」でサーバーレスコンピューティングを実現しているという。

 同社は、「ネットワークを利用した機能やゲームが増加しており、当社のプラットフォームのネットワーク機能を需要の変化に合わせてスケールアップ・ダウンできることは、重要な要素となります。今回、Nintendo Switch Onlineの様々な機能をAWS上に構築することで、需要拡大に容易に対応できています」とコメントしている。

【関連記事】
AWSとKDDI、日本初となるAWS Wavelengthの提供を開始
Qlik、AWSとのパートナーシップを強化 AWS Marketplaceで製品提供へ
AWS、Amazon Auroraの新バージョンを発表 SQL Serverからの移行を支援
AWS、コンテナに関する4つの新機能を発表 AWS Protonなど
AWS、EC2 Macインスタンスを発表 macOS環境のプロビジョニングが容易に

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5