SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

FireEye、米海軍によるサイバー・セキュリティ・チャレンジで一位を獲得

 ファイア・アイは1月7日、FireEye ネットワーク・セキュリティが、NAVWAR(Naval Information Warfare Systems Command、米海軍情報戦システム司令部)の主催したAI ATAC(Artificial Intelligence Applications to Autonomous Cybersecurity、自律的サイバーセキュリティにおけるAIの応用)チャレンジで優勝し、賞金50万ドルを獲得したことを発表した。

 第二回目となるAI ATACは、機械学習(ML)と人工知能(AI)モデルを組み込んで、セキュリティオペレーションセンター(SOC)がAPTによる攻撃キャンペーンの検知を自動化するのに役立つネットワーク・セキュリティ製品を調査するものだという。

 FireEyeネットワーク・セキュリティは同チャレンジにおいて、各項目とコスト・ベネフィットのフレームワークに基づいた最高のパフォーマンスを提供したことを認められたとしている。また、使用されたマルウェアは、効果的な評価を実現するため、現実社会で利用されるような幅広いカテゴリーから収集されている。

 同社は2020年3月の第一回NAVWAR主催のAI ATACチャレンジにおいてエンドポイント・セキュリティ製品で一位を受賞しており、今回は二度目の受賞となる。

【関連記事】
FireEye、セキュリティ専門知識と脅威インテリジェンスを活用する新サービスモデル「Expertise On Demand」を提供
ファイア・アイ、新型コロナに便乗したサイバー攻撃を複数観測、おとり文書でマルウェアの展開を狙う
ファイア・アイ、クラウド環境の脅威に高度に対応する新セキュリティ機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13805 2021/01/07 15:57

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング