EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ServiceNow、2020年第4四半期の決算を発表

  2021/01/28 18:43

 米現地時間1月27日、ServiceNowは、2020年12月31日を末日とする2020年第4四半期の決算を発表した。

2020年第4四半期のGAAPベースおよび非GAAPベースの決算概要

 

金額
(百万ドル)
前年同期比
成長率(%)
金額
(百万ドル)
前年同期比
成長率(%)
調整後の金額(百万ドル)
調整後の前年
同期比成長率(%)
サブスクリプション売上高
$1,184 32%    
$1,161
29%
プロフェッショナルサービス
および その他の売上高
$66
26%
    $65 23%
総売上高
 
$1,250 31%     $1,226 29%
サブスクリプション
請求額
    $1,828 41% $1,796 38%
プロフェッショナルサービス
および請求額
    $80 31% $78 29%
総請求額
    $1,907 40%
$1,874
38%
 
金額
(百万ドル)
粗利益率(%)
金額
(百万ドル)
粗利益率(%)
サブスクリプションの売上総利益
$974 82 % $1,009
85%
プロフェッショナルサービスおよび
その他の売上総利益(損失)
($3) (5%) $11
16%
売上総利益 $971 78% $1,019 82%
営業利益 $18 1% $276
22%
営業活動によるキャッシュフロー $686 55%    
フリーキャッシュフロー    
$565
45%
 
 
金額
(百万ドル)
基本的/
希薄化後
1株当たり利益
($)
金額
(百万ドル)
基本的/
希薄化後
1株当たり利益
($)
当期純利益 $17 $0.09/$0.08 $235
$1.20/$1.17

 ServiceNowのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)のビル・マクダーモット(Bill McDermott)氏は、「2020年通期は市場をリードする1年となり、全体的に予想を大幅に上回る結果となりました。デジタルトランスフォーメーション、クラウドコンピューティング、ビジネスモデルの革新といった世間の追い風は、すべて絶好のタイミングで交わりました。当社のプラットフォームは、シームレスなワークフローを可能にし、人にしかできない素晴らしい体験を創造するデジタルビジネスを実現するためのものです。現在われわれは、新型コロナウイルスのワクチン開発からワクチン接種への移行を手助けする、世界で最も重視されているワークフロー課題への取り組みに注力しています。当社は1つのワークフローで瞬時に世界を変えており、21世紀を代表するエンタープライズ・ソフトウェア企業になることを目指して、順調に歩みを進めています」と述べている。

【関連記事】
ServiceNow Japan、新型コロナウイルスのワクチン接種を新製品で支援
ServiceNow、TwilioとMappedinとの連携を追加
ServiceNow Japan、IoTデータをワークフローと統合できる新製品を発表

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5