EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

需要拡大で高成長を維持【ITR データ・マネジメント市場規模予測】

  2021/02/04 17:46

 アイ・ティ・アール(ITR)は、国内のデータ・マネジメント市場規模推移および予測を発表した。

 データ・マネジメントは、データを活用するためにデータの加工や前処理、クレンジングおよびメタデータ管理を行う製品群で、ETL(Extract/Transform/Load)、データ・プレパレーション、データ・カタログ、データ・クレンジング製品などが含まれる。

 国内データ・マネジメント市場の2019年度の売上金額は89億円、前年度比11.3%増となった。2020年度はこれを上回る同16.3%増の高い伸びを見込んでいるという。データのクラウド移行が徐々に進みつつあることから、データ・マネジメントの高度化へのニーズは着実に高まるとしている。

 また、企業内のデータは増大化および多様化の一途をたどっており、経営戦略の決定を支える資産として、データの重要性が高まっている。データ・マネジメント市場は今後も高成長を維持し、CAGR(2019~2024年度)は15.1%、2024年度には180億円に達すると予想だという。

図.国内データ・マネジメント市場規模推移および予測(2018年度~2024年度予測)
図.国内データ・マネジメント市場規模推移および予測(2018年度~2024年度予測)
[画像クリックで拡大]

 ITRのリサーチ・フェローである平井明夫氏は、「データ・マネジメント市場の成長は、従来からの主力製品であるETLに加えて、データ・サイエンティストを対象ユーザーとするデータ・プレパレーションの需要が急速に拡大したことによるものです。今後は、データレイクやデータ統合に必要なデータ・カタログの需要拡大によるさらなる成長が見込まれます」と述べている。

【関連記事】
前年度比27.3%増と大幅な伸びを示す【ITR CDP市場規模推移および予測】
2020年度のCSPMサービス市場は13億円に達する予測【ITR 市場調査】
ITR、「IT投資動向調査2021」を発表 新型コロナウイルスによるIT投資戦略への影響も

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5