EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2022年度には1兆円規模に達する予測【ITR:IaaS/PaaS市場規模予測】

  2021/02/16 15:01

 アイ・ティ・アール(以下、ITR)は、国内のIaaS/PaaS(Infrastructure as a Service/Platform as a Service)市場規模推移および予測を発表した。

 IaaS/PaaS市場の2019年度の売上金額は6,020億2,000万円、前年度比27.7%増となった。市場を構成するほぼすべてのベンダーが前年度から売上げを伸ばし、特に上位2ベンダーが比較的大きな伸びを記録し、市場を牽引している。

 ハイブリッド環境やマルチクラウド環境を志向する企業が増加傾向にあるほか、基幹システムをクラウド化する企業が増えてきていることもあり、IaaSの導入企業は年々増加しているという。コモディティ化が進んでいるが、各ベンダーともユーザーの多様なニーズに応えられるよう、地道にアップデートを続けている。また、ベンダーシェアは、上位のメガクラウドベンダーによる寡占化が進んできており、ハイブリッド化やマルチクラウド化の進展によって、この傾向はより強まるとしている。

 PaaSについては、増加傾向にあるDX推進企業の技術的な基盤として需要が高まっている。各ベンダーも開発環境のみならず、周辺サービスの充実やサービス体系の再構築を進めるなど、PaaSを含めたDX関連サービスの強化を推し進めており、今後もDX推進の動きにともない導入が促進すると考えられるという。

 こうしたことから、IaaS/PaaS市場のCAGR(2019~2024年度)は17.2%、2022年度には1兆円規模に達すると予測している。

図.IaaS/PaaS市場規模推移および予測(2018~2024年度予測)
図.IaaS/PaaS市場規模推移および予測(2018~2024年度予測)
[画像クリックで拡大]

 ITRのプリンシパル・アナリストである甲元宏明氏は、「日本においては、これまでクラウドに消極的だった金融業界がクラウド活用を牽引するようになり、現在ではすべての業種がクラウドを積極的に利用するようになっています。多くのオンプレミスシステムを抱えている大企業では、既存インフラごとにIaaSに移行するケースも増えており、IaaS活用はますます進むと思われます。また、国内企業におけるクラウドネイティブ・アプリケーションに対する理解も進んでおり、新規システムをクラウドネイティブで構築するケースも増えています。今後も、クラウド市場が拡大の一途を辿るのは間違いありません」と述べている。

【関連記事】
需要拡大で高成長を維持【ITR データ・マネジメント市場規模予測】
前年度比27.3%増と大幅な伸びを示す【ITR CDP市場規模推移および予測】
2020年度のCSPMサービス市場は13億円に達する予測【ITR 市場調査】

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5