SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、実稼働環境向けに最適化されたPPC Rack ソリューションを提供

 日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は、IBM Power Systems Private Cloud Rack Solution(以下、PPC Rack ソリューション)を2月24日より提供開始した。また、従量課金による支払いモデルであるPower Private Cloud with Dynamic CapacityのLinux対応やIBM Power SystemsにおけるRed Hat機能の拡張もあわせて発表している。

ハイブリッドクラウド環境の迅速な構築と管理の簡素化

  • The IBM Power Private Cloud Rack Solution:実稼働環境向けに最適化されたフル・スタック構成のPower Private Cloud Rack for Productionと、開発環境向けでシングル・サーバー・ソリューションのPower Private Cloud Rack Starter Deploymentの2つのソリューションを提供する。両ソリューションともRed Hat OpenShift環境を前提としており、後からIBM AIX、IBM i環境を追加することができる
  • Power Private Cloud with Dynamic Capacity:IBM AIXとIBM iに加えてRed Hat Enterprise LinuxとSUSE Linux Enterprise Serverのワークロードでも利用できるようになった。クラウド管理コンソールにより仮想マシン(VM)およびシステム容量の使用状況をリアルタイムに計測でき、ITコストをさらに最適化できるようになる

IBM Power SystemsでのRedHat機能拡張によりビジネス成長を促進

  • Red Hat OpenShift on IBM Power Virtual Server:IBM Power Virtual Serverで、プラットフォームに依存しないインストーラーを利用してRed Hat OpenShiftが利用できるようになる
  • Red HatランタイムとCodeReady Workspacesサポート:Red Hatランタイムは、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発と保守に役立つ製品、ツール、コンポーネントを一つのセットとしてまとめたもので、IBM Power Systemsでも利用できる
  • 新しいRed Hat Ansibleモジュール:IBM Power Systemsは、22の新しいAnsibleモジュールをコレクションに追加した。これにより、パッチ管理、セキュリティー管理、OSとアプリケーションのデプロイメント、継続的デリバリー、一元化されたバックアップとリカバリ、仮想化管理などの一般的なタスクに新しい自動化機能を提供する

 今年後半には、ハイブリッドクラウド用に新規開発されたIBM POWER10プロセッサーを搭載した次世代のIBM Power Systemsを発表する計画だという。また、次世代のAIXオペレーティング・システム、バージョン7.3が、ハイブリッドクラウド環境に求められる柔軟性、セキュリティー、拡張性を提供する機能を強化して発表する予定だとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14000 2021/02/24 15:03

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング