SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セールスフォース決算発表、売上は4Qは20%増、通期24%増、ガイダンスを引き上げ

  • 第4四半期の売上は前年比20%増の58億2,000万ドル、為替変動の影響を除いた場合は19%増

  • 2021年度通期の売上は24%増の212億5,000万ドル、為替変動の影響を除いた場合も24%増

  • 1年以内の成約済み繰延収益は前年比20%増の約180億ドル、為替変動の影響を除いた場合は18%増

  • 2021年度通期のGAAP営業利益率は2.1%、非GAAP営業利益率は17.7%

  • 2022年度第1半期の売上ガイダンスを約58億7,500万ドルから58億8,500万ドルのレンジ(前年比約21%増)に引き上げ

  • 2022年度通期のGAAP営業利益率ガイダンスは約0.2%、2022年度通期の非GAAP営業利益率ガイダンスは約17.7%

米国セールスフォース・ドットコムは、2021年度第4四半期(2020年11月1日~2021年1月31日)および2021年度通期の業績を発表。2021年度第4四半期および通期業績は次のとおり。

売上 – 第4四半期の総売上は、58億2,000万ドル(前年比20%増、為替変動の影響を除いた場合は19%増)。サブスクリプションおよびサポートによる売上は、54億8,000万ドル(前年比20%増)、プロフェッショナルサービスやその他による売上は3億4,000万ドル(前年比18%増)。

2021年度通期の総売上は、212億5,000万ドル(前年比24%増、為替変動の影響を除いた場合でも24%増)。サブスクリプションおよびサポートによる売上は、199億8,000万ドル(前年比25%増)、プロフェッショナルサービスやその他による売上は12億8,000万ドル(前年比21%増)。

営業利益率 – 第4四半期のGAAP営業利益率は3.3%、非GAAP営業利益率は17.5%。2021年度通期のGAAP営業利益率は2.1%、非GAAP営業利益率は17.7%。

1株当たり利益 – 第4四半期のGAAPベースの希薄化後1株当たり利益は0.28ドル、非GAAPベースの希薄化後1株当たり利益は1.04ドルとなった。ASU 2016-01で義務付けられた戦略投資の時価会計によるGAAPベースの希薄化後1株当たり利益への影響は0.21ドル(米国の税率25%を適用)、非GAAPベースの希薄化後1株当たり利益への影響は0.22ドル(当社の非GAAPベースの税率22%を適用)。

2021年度通期のGAAPベースの希薄化後1株当たり利益は4.38ドル、非GAAPベースの希薄化後1株当たり利益は4.92ドル。ASU 2016-01で義務付けられた戦略投資の時価会計によるGAAPベースの希薄化後1株当たり利益への影響は1.75ドル(米国の税率25%を適用)、非GAAPベースの希薄化後1株当たり利益への影響は1.82ドル(当社の非GAAPベースの税率22%を適用)。

現金 – 第4四半期に事業活動がもたらした現金は21億7,000万ドル(前年比33%増)。第4四半期末における現金、現金同等物および有価証券の残高は119億7,000万ドル。2021年度通期に事業活動がもたらした現金は48億ドル(前年比11%増)。

成約済み繰延収益 – 成約済み繰延収益は、第4四半期末時点で約361億ドル(前年比17%増)。一年以内の成約済み繰延収益は、第4四半期末時点で約180億ドル(前年比20%増、為替変動の影響を除いた場合は18%増)。

セールスフォース・ドットコムは、2021年2月25日時点(米国時間)で、2022年度第1四半期のGAAPベースの1株当たり利益、非GAAPベースの1株当たり利益および一年以内の成約済み繰延収益についてのガイダンスを示している。2021年2月25日時点(米国時間)で、2020年12月1日に示した2022年度第1四半期および2022年度通期の売上ガイダンスを引き上げている。また、2021年2月25日時点(米国時間)で、2022年度通期のオペレーティングキャッシュフロー、GAAPベースの1株当たり利益、非GAAPベースの1株当たり利益、GAAP営業利益率、非GAAP営業利益率のガイダンスを発表している。

[クリックして拡大]

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14021 2021/02/26 20:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング