EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IBM、CiscoやIntelなどと協力しIBM Cloud Satelliteを提供

  2021/03/02 11:52

 米現地時間3月1日、IBMは「IBM Cloud Satellite」が利用可能になったことを発表した。

 IBM Cloud Satelliteは、データの場所を問わず、あらゆる環境に対するセキュアな統合レイヤーのクラウド・サービスを提供すると同時に、機密性の高いデータ・プライバシー保護とデータ主権の要件にも対応しているという。通信、金融サービス、医療、行政といった規制の厳しい業界でも、エッジでのセキュアなデータ分析によってレイテンシーを低減することが可能。これによりリモート・ワーク、インテリジェント医療デバイスを介した緊急対応、オンライン学習、遠隔医療サービスなどを支援するとしている。

 加えて、同社はCisco、Dell Technologies、Intelなど、自社のパートナー・エコシステムに含まれる65社を超える企業と協力し、IBM Cloud Satelliteを介したセキュアなクラウド・サービスを構築しているという。また、IBM Cloud Satellite上でのIBM Cloud Pak for Data as a Serviceの提供により「Watson Anywhere」戦略を拡張し、AI・分析ワークロードをあらゆる環境でサービスとして実行するためのセキュアな手段も提供する。

 同社は、IBM Cloud Satelliteの利用者は、Red Hat MarketplaceでOpenShift認定のソフトウェア・オファリングにもアクセスすることができ、IBM Cloud Satellite上にデプロイし、よりシンプルなインストールと管理が可能になるという。

【関連記事】
日本IBM、コンテナ共創センター設立でSIerやISVの利用拡大目指す
IBM、デルタ航空とのパブリッククラウド移行支援の複数年契約を発表
日本IBM、実稼働環境向けに最適化されたPPC Rack ソリューションを提供

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5