EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ダイハツ、全社的なAI活用で競争力強化を目指す

  2021/03/04 14:39

 ダイハツ工業(以下、ダイハツ)は、AI教育プログラムを実施し、全社的な普及を目指すことを発表した。同社はこれまでに、技術開発や生産、一般事務の現場など幅広い領域でAIツールの活用を進めてきているが、将来的には誰もが当たり前にAIを活用できることを目指すとしている。

 具体的には2020年12月より、全スタッフ職を対象としたAI啓発研修を開始し、AIに関する基礎知識を習得することで、各職場での普及を目指している。さらに今後は、より高度なAI活用を検討する部門に対し、「AI道場」などの専門研修を実施。これらの取り組みを通じて、順次AIエキスパート人材を養成するという。

 生産現場では、現場従業員が中心となり、2021年1月よりAIツールを活用し、京都工場では車両に取り付ける部品を物体検出し仕様検査を自動で行うシステムを、本社(池田)工場ではプレス部品の精度を検知できるシステムを開発している。今後は検知精度の向上や他工場でのAIツールの活用を進めるとともに、工場の現場従業員がAIの知識を習得することで、生産性や品質の向上を目指すとしている。

 また技術開発分野では、エンジンなどのパワートレーン開発現場にて、2020年からAIツールを導入し、従来は経験豊富な従業員のみが行うことができた官能検査や異音検査を機械で代替する取り組みを実施している。開発中のエンジンの計測試験中に発生するノッキング(異常燃焼)音をAIに学ばせ、機械が異常を自動識別できるようにすることで、計測設備の稼働率を向上。開発のスピードアップにつなげるという。

エンジン開発現場におけるノッキング判定(イメージ)
エンジン開発現場におけるノッキング判定(イメージ)
[画像クリックで拡大]

 さらに一般事務の現場では、コールセンターにおける問い合わせ対応時の質疑応答システムに活用できるAIツールを開発、導入しており、今後はその他の一般事務でも活用を促進するとしている。

【関連記事】
日本はロボット・AIに高い信頼を寄せる【日本オラクル 財務とAIに関わる調査】
NEC、NASAの月探査計画向け宇宙船へのAI技術本格導入に合意
ZホールディングスとLINE、経営統合完了でAIを軸とした事業成長目指す

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5