SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

RSTOR、Arcserveとのパートナー契約締結で新サービス提供へ

 TwoFiveは、同社が国内代理店であるRSTORが、Arcserveとパートナー契約を締結したことを発表した。両社は、あらゆる業種・企業規模の顧客に向けて、費用対効果の高いクラウドベースの新しいビジネスレジリエンスサービスを提供予定だとしている。

 RSTORのAmazon S3互換クラウドオブジェクトストレージ「RSTOR」は、業界標準よりも最大80%の低コストで、独自プロトコルにより従来比最大30倍の高速データ転送が可能だという。米国内だけでなく世界各国にPoint-of-Presence(PoP)となるデータセンターを拡充中で、2020年にはTwoFiveを代理店として日本市場に進出し、国内にもデータセンターを開設している。

 RSTORとArcserveを連携させることで、RSTORのインテリジェントデータリポジトリからArcserveの高度なデータ保護機能を利用し、セキュリティインシデントや災害復旧が発生した場合に、迅速にデータにアクセスして復旧作業を行うことが可能になる。このITレジリエンスを確保するためのワンストップソリューションにより、データの保管と取り扱いを簡素化し、リスク管理を改善することができるという。

 RSTORのCEOであるGio Coglitore氏は、「費用効果の高いリポジトリに本番データとアプリケーションの包括的で高性能なミラーリングを提供することで、ArcserveとRSTORは、組織が侵害やランサムウェア攻撃をはじめとする破壊的な攻撃に耐えて、メインシステムがオンラインに戻るまで、ビジネス活動への影響を最小限に抑えながら、IT運用を即座に再開可能にします」と述べている。

【関連記事】
TwoFive、「DMARC」認証結果レポート作成サービスを無償提供 なりすましメール対策に活用
TwoFive、クラウド型フィッシング対策「Area 1 Horizon」を2月1日より提供開始
TwoFive、AIを活用した情報セキュリティ脅威検知ソリューション「Virtual Analyst Platform」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14105 2021/03/16 14:39

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング